Fishing 7 (2010)
Top Bistro hirai
Fishing1 Fishing2 Fishing3 Fishing4 Fishing5 Fishing6 Fishing7 Fishing8
Fishing9
Fishing10 Fishing11 Fishing12 Fishing13 Fishing14

12/30 銚子沖 ヒラメ釣り
12/31UP
今年最後の釣り物として、銚子沖のヒラメ釣りに行って参りました。お店の営業も前日29日で終了し、今回はお正月のお膳を飾る為の釣行となりました・・・。船長より今年最後なので出船前「終わり良ければ全て良し」と言われ、今年は未だ大型が上がっていないので出来れば1枚だけでも大型を釣上げて見たいところでもありました。一日を通しかなり肌寒く、指先の感覚も無くなるほど寒さが身にしみました。それに伴い水温も下がり魚の活性も悪く、全体的にはアタリが大分少なくなってきました。何度かアタリはあるものの、小型のヒラメのような感じで餌のイワシをかじっただけで離してしまう事がありました。結果的には2人で4枚(0.4〜0.9kg)と前回と似たようなサイズで、大型は上がりませんでした。来年こそはと今から闘志を燃やしています。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。今年もレストランヒライ(Fishing)をご覧頂き誠にありがとうございました。来年も出来る限り釣りに行きますので宜しくお願い申し上げます。良いお年をお迎えくださいませ。


12/28 剣崎沖 アマダイ釣り
12/29UP
先週末から海上では3日間シケが続き、4日振りの出船となりました。朝方は風も無く良い凪でしたが、水温が徐々に低下し魚の活性が悪く、また後半になって猛烈な西風が吹き寄せウネリも伴い大分釣り辛い状況となってしまいました。辛うじて妻が良型(42cm)のアマダイを1枚釣り上げたのみで私はダメでした。外道はイトヨリ・オニカサゴ・トラギス・カナガシラと珍しく真ダコ(1kg)が釣れました。次回に期待したいと思います。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


12/21 銚子沖 ヒラメ釣り
12/22UP
今回は銚子沖のヒラメ釣りに行って参りました。明日23日よりクリスマスディナ−が始まる為、その魚を仕入れる目的での釣行となりました。若干ウネリと風が有ったものの釣りをするには問題無く、久しぶりに良い条件でのヒラメ釣りでしたが、結果的にはソゲ(1kg以下)が多く満足の行くものではありませんでした。釣果はヒラメ6枚(妻4枚)の外道でホウボウが2枚でした。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


12/15 久里浜沖 アマダイ釣り
12/16UP
今回も先週に引き続き、アマダイ釣りに行って参りました。実は前日も(12/14)も行くだけは行ったのですが、次第に南西風が10m以上吹いてくると言う事で出船中止を告げられ、明日は間違いなく大丈夫だと言う事だったので翌日の場所取りを船長にお願いし、やむなく引き返してきました・・・。翌日船宿に着くとお馴染みの西山さん&浜田さん親子の姿があり、早速ご挨拶。すると今日は昨日より状況が悪いみたいで出ないかも知れないよ!と言われ待機・・・。2日続けてダメかと思ってしまいました。ある程度待ってダメなら帰ろうかな〜と思っていたら、何とか出る様子に変わったので、取り合えず一安心・・・。沖に出てみると想像以上にウネリが有り、大分釣り辛い状況で、終始苦戦を強いられました。前半は全くでしたが、後半になってようやく型が見られ小型では有りますが、2枚釣る事はできました。残念ながら妻は型見ずとなってしまいました。次回に期待したいと思います。今回も西山さん、浜田さん(お父さん)からアマダイやトラギスなどいただき、ありがとうございました。大事に使わせていただきます。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


12/07 千葉岩井沖 アマダイ釣り
12/07UP
今回妻は親友と会う約束があったので、私1人で行って参りました。船宿に着くとお馴染みの西山さん、浜田さんも来ておられご挨拶&釣り談議・・・・。予報が悪かったせいかアマダイ船は私、西山さんを含め4名で、浜田さんは今回もアオリ&スミイカ釣りだったので別船での出船なりました。最初は久里浜沖から攻めたのですが、殆どアタリが無く早々に場所を千葉(岩井沖)方面に変更しほぼ一日その辺りで釣りをしていました。終始潮の流れが速かったので仕掛けが浮いてしまい、思考錯誤の連続で苦戦を強いられましたが何とか型は出たので良かったと思っています。釣果は30〜35cm程度を3枚でした。写真ではアマダイがいっぱい写っていますが、5枚は西山さんから頂いた物です。ありがとうございま〜す!!!。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


11/30 銚子沖 ヒラメ釣り
12/01UP
今回は前回(11/09)のヒラメ釣りのリベンジで銚子(外川)に行って参りました。予報も良く最高の釣り日和となり、あとは数がどの位あがるかの問題なのですが、そこはやはり自然相手なので、やってみない事には何とも言えない訳で、希望だけは持ってがんばろうと思いました・・・。開始後は中々アタリが無く何度か場所移動を繰り返し、ようやくソゲ(1kg以下のヒラメ)が釣れたくらいで私だけは少し蚊帳の外と言った感じでした。妻はその間コンスタントにアタリが有りヒラメや外道のマトウダなどを釣り、早い段階で桶の中が賑やかでした。少し焦りもありましたが、いずれ自分にもアタリが出始めると信じ、竿先に集中し我慢との戦いとなりました・・・。その後潮が流れなくなったので風を船の横に受ける横流しに変わり少し釣り辛くなりましたが、かえってその方が船中でバタバタとヒラメが上がるようになりました。私もそのタイミングで何とか写真のヒラメを釣る事が出来ました。釣果はト−タルで10枚(妻7枚の私3枚)。外道でマトウダイが3枚(妻)と船長が釣った真ゴチ(52cm)。結局前回のリベンジは何とか達成出来ましたが、まだまだ納得の行く物ではないので、次回に期待したいと思います。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした


11/24 剣崎沖 アマダイ釣り
11/25UP
先週(マダイ))、先々週(ヒラメ)とボウズ続きだったので、今回はそのリベンジを考えましたが、リベンジは次回以降に持ち越し、今回はアマダイ釣りに行って参りました。船宿に着くとお馴染みの西山さん&浜田さん親子が既に来ておられ、ご挨拶&釣り談議。西山さんはアマダイ釣りでしたが、浜田さん(息子さん)はアオリイカ&スミイカ釣りで別船での釣行となりお互い健闘を誓い、高潮の為少し遅れて出船となりました。ポイントは今までは久里浜沖でしたが、今回は通常通り剣崎沖に戻りました。個人的には久里浜沖の方が型揃いで、小型が殆ど無かったので気に入っていたのですが、船長曰く同じポイントで何度も釣るとアマダイが居なくなってしまうと言う事、つまり資源保護の為もあって、釣り尽くさない為にポイントを変える事があるみたいです。前日までの強風がまだ少し残っており、波しぶきをかぶりながらの出船となりました。開始後は魚の活性が低く中々アマダイを釣るのが難しかったような感じでした。また外道もあまり釣れず大苦戦のスタ−トとなりました・・・。後半になってようやく小型のアマダイらしきアタリが有り、海面までもう少しと言う所で針から外れバレてしまいました。アマダイは上がって来ると浮くので船長が船を寄せようとしてくれましたが、その前に海鳥に見つかり、あっと言う間に持って行かれ、私は只呆然と眺めているしかありませんでした「贅沢な海鳥め!」・・・。その後何とか1枚(小型)アマダイをゲットし時間となり終了となりました。写真ではアマダイが4枚写っていますが、西山さん&浜田お父さんさんから頂いた物です。隣のアオリイカも浜田息子さんより頂きました。感謝感激で〜す!!!ありがとうございました。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


11/16 久里浜沖 マダイ釣り
11/17UP
今回は久里浜沖のマダイ釣りに行って参りました。本来は先週のヒラメのリベンジをしたかったのですが、予報はウネリが3mとなっていたので、先週の二の舞はまずいと思い、急遽マダイ釣りに決めました。港に着き船に場所取りの為、クーラーボックスを置こうとすると何とトモが空いており、変だな〜?と思いましたが、前の方はほぼ埋まっていたので結局右のトモに場所を決めました。(潮位を見てきませんでした)潮は終始上潮で風が北風だったのでコマセは前の方へ前の方へと流れ、私はほぼ一日コマセをまく担当となってしまいました。何度かイナワラ(イナダ〜ワラサのサイズ)がアタリましたが、海面まで来てハリスを掴んだら切れてしまいました。結局本命外道と何も釣れず最悪の一日をなってしまいました。妻は1.7kgと0.5kgのマダイとアジが3枚釣れました。お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣船店さんでした。


11/9 銚子沖 ヒラメ釣り
11/10UP
前日の予報は南西風が10m以上吹き、波も3mとなっていましたが、船は問題無く出るようだったので、ダメモトで、ヒラメ釣りに行ってまいりました。1号船は15人、2号船は5人と悪条件にもかかわらず、かなり多くの釣り人が来ていました。私達は早めの予約だったので何とか1号船(私が右ミヨシ2番目、妻が左トモ2番目)に乗る事ができました。ポイントは港を真っ直ぐ走った所の通称「犬若沖」でした。はじめは風もさほど無かった気がしましたが、後半から大分強烈に感じられ、ウネリも伴ってかなり釣り辛い中の釣行となりました・・・。何度かアタリは有りましたが、針がかりまでには行かず、結果オデコとなってしまいました。そんな中、妻は好調で4枚(竿頭)も釣り、ビックリしました。結局11時まで粘りましたが、状況が悪くなってきたので、帰港となりました。
お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


11/2 久里浜沖 アマダイ釣り
11/02UP
今回も久里浜沖のアマダイ釣りに行って参りました。先週は自己記録更新の56cm(1900g)の特大のアマダイが釣れ、我ながら大満足の一日となりました。一週間経った今でもまだその余韻が頭の中に残っていて、もしやまたあのサイズのアマダイが釣れやしないかと期待だけが大分膨らみましたが、取り合えず最初の1枚を釣る事が肝心なので、極力先週の事は忘れて無心で竿先に集中しました・・・。開始後は潮があまり流れなかったのか、魚の活性が悪く10時位までは、アマダイらしきアタリも一切無く時間だけが刻々と過ぎて行きました・・・。その後少し潮が流れたのかポツポツと釣れ出し、結果納竿の3時までにはアマダイが3枚釣れました。妻は2枚でした。写真のカワハギは中野区の浜田さんより頂きました。外道はお馴染みのトラギス多数とガンゾウヒラメなどでした。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


10/26 久里浜沖 アマダイ釣り(56cm 1900g)の特大が出ました
10/27UP
今回も先週に引き続き、久里浜沖のアマダイ釣りに行って参りました。先週は3枚でしたが良型揃いで自分なりには満足の行く結果が出たと思います。なので今回も先週同様そこそこ型の良いアマダイが釣れれば良いな〜と言う気持ちで自宅を出ました・・・。船宿に着くと先週お会いした「西山さん」も来てらしてご挨拶&釣り談議・・・。西山さんは前日も来てらして良型のアマダイを3枚釣り見事竿頭になりました。今日もまた連チャンでアマダイ釣りですか?と聞くと、今日はアジ釣りと言う事でお互い別々の船に乗り込み出船となりました・・・。開始後は先週の様に一投目からと言う訳には行かずかなり渋いスタートとなりました。外道のトラギスも先週ほど活性はありませんでしたが、餌だけは直ぐ無くなり色々試行錯誤の結果、開始から大分時間が経ってようやく最初の1枚が釣れました。その後もう1枚追加しましたが、昼を過ぎてからはパッタリで終了1時間前を過ぎてからようやく鋭いアタリがありました。今までに味わった事が無かった様な強烈な引きで竿先が何度か海面に叩き付けられる様な物凄い引きでもありました。慎重に慎重にとゆっくり目にリールを巻き、ようやく海面に姿を現したのは、全長56cm 体重1900gの特大のアマダイでした。今までの記録は53cmだったので自己記録更新と、結果トータルで5枚(竿頭)にもなり最高の一日となりました。妻も後半終了間際に何とか良型を1枚釣る事ができました。外道はお馴染みのトラギスが前回ほどでは有りませんが今回も釣れました。右端のアジは常連の釣り人「西山さん」から頂戴しました。ありがとうございま〜す!お世話になった船宿久比里港山下丸さんでした。


10/20 久里浜沖 アマダイ釣り
10/21UP
今回は久しぶりに2日連続での釣行となりました。予報もあまり良くなかったので釣り人も少ないだろうと思い、久しぶりに1人でアマダイ釣りに行ってまいりました。今期は例年より大分早く(8月後半)よりスタートしましたが、銚子沖のヒラメ釣りが絶好調だった為、なかなかアマダイ釣りに行く事が出来ませんでした。でもそろそろアマダイも釣れ出すだろう?と思い、希望を胸に自宅をでました。船宿に到着するとアマダイ船の勉船長が車の駐車を誘導し、車から降りると西山さんも来てるよ!との事でお会いするのが楽しみでした・・。先ずは挨拶を交わし、釣り談議・・・。西山さんも幾度と無くアマダイ釣りに挑戦しているみたいですが、今期は難しいみたいで思うような結果が中々出ず、大分悔しがっていました。お互い健闘を誓い左舷のミヨシ(私)とトモ(西山」さん)に別れ出船となりました。ポイントは剣崎沖でも無く、千葉方面でも無くマダイ釣りでお馴染みの久里浜沖水深50mでした。近くに数多くのマダイ船が有り、もしやマダイでもと期待をしますが、仕掛けやコマセが無いため多分狙ったところでもダメだろう〜と思い、結局アマダイ狙い一本で終日行いました・・・。開始一投目船中一番で私にアマダイがヒットし、慎重にやり取りし無事本命をゲットしました。その後は、外道(トラギス)の活性が凄く、中々アマダイまでは餌が届かず苦戦となりましたが、何とか1枚追加しまたその後終了間際10分前にも、もう1枚が釣れ結果3枚のアマダイが釣れました。外道で真ハタとお馴染みのトラギス(多数)が釣れました。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした

10/19 銚子沖 ヒラメ釣り
10/21UP
釣行前々日(10/17)は今期最多となるトップで19枚と大爆釣となり、今期のヒラメ釣りの好釣果が以前キープされています。特に今年は水温が高いと言うのもその原因だと思いますが、ここ銚子エリアは魚影の濃さは抜群で魚自体の絶対数はかなり多いと思います・・・。釣果は強風でウネリが有った為、2人して船酔いをし本命は3枚(妻1枚)のみと寂しい結果で終わってしまいました。外道でイナダが4枚釣れました。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


10/12 久里浜沖 マダイ釣り
10/13UP
今回久里浜沖のマダイ釣りに行って参りましたが、潮の流れが悪く大苦戦しました。終了間際に辛うじて小型(0.6kg)が1枚釣れただけでした。外道でアマダイ・サワラ(サゴチ)・アジ・サバが釣れました。お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣船店さんでした。


10/5 銚子沖 ヒラメ釣り
10/6UP
今回は私の住む杉並区内(西荻)在住の依田さんを誘い3人で銚子沖のヒラメ釣りに行って参りました。依田さんとは昨年8/12に初めて孝進丸さんでお会いしました。丁度時期がお盆だった為、釣ったヒラメをいつも持って行くお寿司屋さんが休みで私がレストランをやっていると言う話をしたら、それなら是非お店で使ってと言う事になり結局6枚もの貴重なヒラメを頂きました。またその後もマダイ釣りでお馴染みのムツ六釣船店で再度お会いし、私達と釣りたい物が一緒だね〜と釣り談議に花が咲き、かなり盛り上がりました・・・。朝方は雲行きが怪しく少し肌寒い感じがしましたが、その後雲が取れてきてからは徐々に気温も上がり夏を思わせる強烈な日差しで大分暑くなりました・・・。ポイントは前回(9/14)と同じで河口沖の水深30mを攻めました。今回もやはり右前にアタリが集中し、特に右前2番目の方は一日を通しコンスタントにアタリ、ひとり入れ食い状態でした。私達は左右の後ろから2番目で私が右、妻が左で釣り座を構える事にしました。開始後私の方はそこそこ釣れましたが、妻は殆どアタリも無くかなり苦戦をしました。後半になってポイント移動後は、その妻にアタリが集中し、短時間の間に6枚もゲットする事が出来ました。結果私が5枚、妻が6枚、2人合わせて11枚の大漁となりました。依田さんは終始苦戦しましたが、何とか本命はゲットでき楽しい一日を過ごす事ができました。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


9/21 久里浜沖 マダイ釣り
9/22UP
先週、先々週とヒラメ釣りでそれなりの結果が出たので、そろそろ違う釣り物をと考えていました。マダイ釣りにしようか?アマダイ釣りにしようか?かなり迷いましたが、今回は何となくマダイ釣りに賭けてみる事にしました。別にどちらかが凄く釣果が良いとか悪いとかでは無く、あくまで何となくと今回はマダイ釣りがしたいと言う事で決めました・・・。港の駐車場から船宿の方を見ると見覚えの有る人がこちらに向かってきました。菅生さんでした。先週も銚子のヒラメ釣りでご一緒だったので2週連続私達の釣り物と同じ事になります・・・。海上は波風が無く、かなり蒸し暑い日でしたが、最高の釣り日和でした。只、潮が澄み過ぎた事と流れなかった事が原因で、マダイの活性は著しく低かったような感じがしました。開始後は何とか船中一番でマダイ(0.7kg)をゲットし、妻もその直後に0.5kgを1枚ゲットしました。その後は喰い渋く、釣れても外道のソウダガツオばかりでなかなか本命のマダイは口を使ってくれませんでした。結局時間だけが過ぎ、ラスト10分になると「あと10分で仕舞って行きま〜す」と言う船長のアナウンスが流れ、「今日は最初に釣った1枚(0.7kg)で終わりか〜」と諦めかけていた時、いきなり私の竿が強烈にしなり、緩めにしておいたリールのドラグが一気に出て行きました。マダイの引きに間違い無いと確信し、慎重にやり取りをし、上がってきたのは綺麗なマダイ。2.8キロの雌のマダイでした。この1枚で自己記録更新となり、更に船宿の”28号船賞”という賞を頂く事になり、満足の一日になりました。今回は外道でイナダ・アジが釣れました。ちなみに菅生さんは別船でしたが、2隻の高低で4枚(ダントツ竿頭)となりました。おめでとうございま〜す!お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣船店さんでした。


9/14 銚子沖 ヒラメ釣り
9/15UP
今回も先週に引き続き銚子沖のヒラメ釣りに行って参りました。この所好釣果の連続で、特に前日(9/13)はトップで13枚と大爆釣とあってか今回は何時も乗っている1号船は満員の為乗れず、結局親父さんの船(2号船)に乗る事になりました。港には何時も通り早めに着き、場所を確保。右ミヨシとその隣は既に確保されており私達は左右のトモが空いていたので私が右、妻が左で釣りをする事になりました・・・。出船前支度をしていると私を呼ぶ声があり誰かと思えば菅生さん。早めの予約だったため菅生さんは1号船。昨日13枚の記録が出た船でもあり、期待は十分であったと思います・・・。お互い大型ゲットを期待し別船で出船となりました。ポイントは連日好釣果を出している河口沖(大根)で水深は30m前後でした。水色は好く、潮も程好く流れ、ヒラメ釣りには好条件が揃っていました。開始後は左右ミヨシから2番目の人ばかりアタリが有り短時間の間に5枚釣り上げてました。私は今回先調子の竿に変えたのがいけなかったのか?仕掛けを少し弄ったのが悪かったのか?出鼻を挫かれスタートに出遅れてしまいました。気がつけば10時近くになってしまい、これじゃいけないと思い、毎回使っている竿(真鯛竿)に戻し仕掛けも通常の仕掛けにし、少し遅くなってしまいましたが、再スタートとなりました。結果竿と仕掛けの違いでその後は連続でアタリ、12時の沖揚がりまでに6枚(0.6〜1.3kg)ゲットする事が出来ました。妻も今回はそこそこアタリがあり4枚とお互い満足の行く釣りができました。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


9/7 銚子沖 ヒラメ釣り
9/8 UP
6月にヒラメ釣りが解禁になり幾度も足を運びましたが、なかなか思う様な結果が出ませんでした。今回で銚子(外川)に行くのも9回目となり、今日ダメだったら釣りそのもの自体少し休養し申し訳ないけど妻だけ1人で釣りに行ってもらおうかな〜と思っていました。かなり長いスランプで大分落ち込んでいました・・・。天気は晴れ海上は南風が強く波立っていましたが、無事出船。ポイントは南風の影響の少ない河口沖で水深25〜35m位を攻めました。開始後は今までとは違って頻繁にアタリが有り早い段階で3枚ゲット。その後はアタリも遠のきましたが、何とか3枚追加し合計6枚釣れました。妻の場所はあまりアタリが無かったみたいで数は少なかったものの良型を2枚ゲットする事が出来ました。サイズは0.5〜1.8kgで大型は出ませんでした。これで厄払いが出来たのかな〜?(西山さん)。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。今日のディナーよりヒラメ登場します。


8/31 剣崎沖 アマダイ釣り
9/1 UP
8/30(月)に今期のアマダイ釣りがスタートし早速挑戦して参りました。先週ヒラメ釣りでもご一緒だった中野の「浜田さん」や山下丸常連の釣り師「西山さん」も顔を出し、出船までの間釣り談議。今期のアマダイ釣りは他の船宿も早々にこぞって始め、上々の釣果が連日伝わってました。なのでそれなりに期待が弾みましたが、終始アタリも無く、終わってみれば本命型見ずと最悪のスタートとなってしまいました。そんな中妻は辛うじて1枚釣り上げる事が出来ました。30cm前後でした。他のアマダイは西山さん・浜田さんより頂戴しました。ありがとうございま〜す。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


8/24 銚子沖 ヒラメ釣り
8/25 UP
先週は常に利用している外川の孝進丸さんが満員だった為、やむなく飯岡港からのヒラメ釣りになりました。馴染みが無い為か、思うような釣りが出来ず終始苦戦を強いられた一日となりました。なので今回はいち早く予約を入れ万全の体制で臨む事にしました。7/6にヒラメ釣りに誘った浜田さんも今回もご一緒で3人での釣行となりました。今年のヒラメ釣りは未だかつて結果がでてないので今回こそはと思う気持ちでしたが、やはり火曜日は鬼門なのかまたも今回も大苦戦で結果一日を通し1枚とお恥ずかしい釣果となってしまいました。少し頭を冷やした方が良いのかも知れませんね?・・・。浜田さんは見事5枚でダントツ竿頭になりました。妻は1〜1.3kgを2枚とまずまずでした。来週(8/30)からいよいよアマダイ釣りがスタートするので是非挑戦してきたいと思っています。お世話になった船宿は孝進丸さんでした


8/17 飯岡沖 ヒラメ釣り
8/18 UP
常に利用している孝進丸が定員オーバーの為、急遽銚子の手前にある飯岡からヒラメ釣りに行く事になりました。今年の5/13にホウボウ釣りで一度お邪魔し今回が二度目の利用となります。ポイントは港から少し走った所で水深が12〜13m位の浅いポイントでした。開始後から10時位までその浅場で粘ってましたが、結局殆どの方が釣れず、その後30分位走って26m前後のポイントで流す事にしました。何人かの人はその場所で釣れましたが、私は全くアタリも無く結局ラスト1流しのコールが流れ、ほぼ諦めていたところにアタリが有り本命(ヒラメ)をゲットする事ができました。キロ弱でした。妻もほぼ同じ終了間際に何とか一枚ゲットする事ができました。こちらもキロ弱でした。お世話になった船宿は飯岡港隆正丸さんでした。



8/10 アマダイ試し釣り
8/11 UP
先日、中野区の浜田さんより8/10(火曜日)にアマダイの試し釣りを一緒にやろうとお誘いが有り、二つ返事で了解し、一足早いアマダイ釣りが実現されました。本来アマダイ釣りは秋から冬が本番でこの時期(8月)にアマダイ釣りをしたのは多分記憶には無いと思います・・・。試し釣りと言う事で広範囲のポイントを探り、先ずは久里浜沖、そして下浦沖、剣崎沖、金谷沖と回って釣りをしました。また昨日は大潮だったので一日中潮が早く苦戦を強いられましたが、早い段階でので本命ゲット(写真左)が出来ました。しかしその後が続かず結局その1枚で終了となってしまいました(バラシは2回有りました)。妻は30cm位と25cm位の2枚とイトヨリを釣り、やはり時間となり終了となりました。全体的に水温が高かった為か外道の活性が高く、仕掛けを落とす度にトラギスが釣れ、クーラーの中は戴いた物もあってトラギスの大漁となりました。本日より「釣りトラギスのパスタ」はじめます。トップは浜田さんで3枚でした。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


8/3 銚子沖 ヒラメ釣り
8/4 UP
毎日非常に暑い日が続きますが皆様お元気でお過ごしでしょうか?熱中症にはくれぐれも気を付け水分補給は欠かさず小まめに摂って、まだまだ続く暑い夏を乗り切って下さい。「残暑お見舞い申し上げます」
先週は用事が有り、先々週は行ったのですが残念ながら本命(ヒラメ)が釣れなかったので今回は2週間ぶりの釣行となりました。写真でも分かる通り久しぶりの快晴で海もウネリが無く穏やかで最高の釣り日和となりました。しかしながら釣果の方は今ひとつでで本命(ヒラメ)は辛うじて1枚と今回も厳しい結果に終わってしみました。妻(美奈子)はアタリがそこそこ有りヒラメ2枚(1.2kg&1.3kg)とイシナギ、ホウボウを釣り上げる事ができました。次回のヒラメ釣りに期待したいと思います。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


8/31 剣崎沖 アマダイ釣り
9/1 UP
8/30(月)に今期のアマダイ釣りがスタートし早速挑戦して参りました。先週ヒラメ釣りでもご一緒だった中野の「浜田さん」や山下丸常連の釣り師「西山さん」も顔を出し、出船までの間釣り談議。今期のアマダイ釣りは他の船宿も早々にこぞって始め、上々の釣果が連日伝わってました。なのでそれなりに期待が弾みましたが、終始アタリも無く、終わってみれば本命型見ずと最悪のスタートとなってしまいました。そんな中妻は辛うじて1枚釣り上げる事が出来ました。30cm前後でした。他のアマダイは西山さん・浜田さんより頂戴しました。ありがとうございま〜す。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


8/24 銚子沖 ヒラメ釣り
8/25 UP
先週は常に利用している外川の孝進丸さんが満員だった為、やむなく飯岡港からのヒラメ釣りになりました。馴染みが無い為か、思うような釣りが出来ず終始苦戦を強いられた一日となりました。なので今回はいち早く予約を入れ万全の体制で臨む事にしました。7/6にヒラメ釣りに誘った浜田さんも今回もご一緒で3人での釣行となりました。今年のヒラメ釣りは未だかつて結果がでてないので今回こそはと思う気持ちでしたが、やはり火曜日は鬼門なのかまたも今回も大苦戦で結果一日を通し1枚とお恥ずかしい釣果となってしまいました。少し頭を冷やした方が良いのかも知れませんね?・・・。浜田さんは見事5枚でダントツ竿頭になりました。妻は1〜1.3kgを2枚とまずまずでした。来週(8/30)からいよいよアマダイ釣りがスタートするので是非挑戦してきたいと思っています。お世話になった船宿は孝進丸さんでした


8/17 飯岡沖 ヒラメ釣り
8/18 UP
常に利用している孝進丸が定員オーバーの為、急遽銚子の手前にある飯岡からヒラメ釣りに行く事になりました。今年の5/13にホウボウ釣りで一度お邪魔し今回が二度目の利用となります。ポイントは港から少し走った所で水深が12〜13m位の浅いポイントでした。開始後から10時位までその浅場で粘ってましたが、結局殆どの方が釣れず、その後30分位走って26m前後のポイントで流す事にしました。何人かの人はその場所で釣れましたが、私は全くアタリも無く結局ラスト1流しのコールが流れ、ほぼ諦めていたところにアタリが有り本命(ヒラメ)をゲットする事ができました。キロ弱でした。妻もほぼ同じ終了間際に何とか一枚ゲットする事ができました。こちらもキロ弱でした。お世話になった船宿は飯岡港隆正丸さんでした。



8/10 アマダイ試し釣り
8/11 UP
先日、中野区の浜田さんより8/10(火曜日)にアマダイの試し釣りを一緒にやろうとお誘いが有り、二つ返事で了解し、一足早いアマダイ釣りが実現されました。本来アマダイ釣りは秋から冬が本番でこの時期(8月)にアマダイ釣りをしたのは多分記憶には無いと思います・・・。試し釣りと言う事で広範囲のポイントを探り、先ずは久里浜沖、そして下浦沖、剣崎沖、金谷沖と回って釣りをしました。また昨日は大潮だったので一日中潮が早く苦戦を強いられましたが、早い段階でので本命ゲット(写真左)が出来ました。しかしその後が続かず結局その1枚で終了となってしまいました(バラシは2回有りました)。妻は30cm位と25cm位の2枚とイトヨリを釣り、やはり時間となり終了となりました。全体的に水温が高かった為か外道の活性が高く、仕掛けを落とす度にトラギスが釣れ、クーラーの中は戴いた物もあってトラギスの大漁となりました。本日より「釣りトラギスのパスタ」はじめます。トップは浜田さんで3枚でした。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


8/3 銚子沖 ヒラメ釣り
8/4 UP
毎日非常に暑い日が続きますが皆様お元気でお過ごしでしょうか?熱中症にはくれぐれも気を付け水分補給は欠かさず小まめに摂って、まだまだ続く暑い夏を乗り切って下さい。「残暑お見舞い申し上げます」
先週は用事が有り、先々週は行ったのですが残念ながら本命(ヒラメ)が釣れなかったので今回は2週間ぶりの釣行となりました。写真でも分かる通り久しぶりの快晴で海もウネリが無く穏やかで最高の釣り日和となりました。しかしながら釣果の方は今ひとつでで本命(ヒラメ)は辛うじて1枚と今回も厳しい結果に終わってしみました。妻(美奈子)はアタリがそこそこ有りヒラメ2枚(1.2kg&1.3kg)とイシナギ、ホウボウを釣り上げる事ができました。次回のヒラメ釣りに期待したいと思います。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


7/6 銚子沖 ヒラメ釣り
7/7 UP
今回はアマダイ釣り(山下丸)でご一緒の中野区の浜田さんを誘いヒラメ釣りに行って参りました。本来なら横須賀市の西山さんも加え4人でのヒラメ釣りを期待していましたが、西山さんはまだ体調がすぐれない為、今回は見送り次回に持ち越しとなりました。(気長に待ってますので、大好きな釣りまた一緒にやりましょう・・・。)先週同様今回も霧で視界はあまり良く有りませんでしたが、風も無くウネリも殆ど感じられない程、良い凪の海でした。先週火曜日は鬼門と書いたので今回は何とかその流れを変えるつもりで船に乗り込みましたが・・・。開始後は殆ど当たりも無く何度かポイント移動を繰り返しましたが、やはりアタリは無く嫌な予感がしましたが、午前10時位になってようやくヒラメらしきアタリが有り、無事1kgのヒラメをゲットしました。その後小型0.6kgを追加し沖き揚がり寸前に強烈なアタリが有り何かと思ったらワラサ(4.5kg)が釣れ、その後イシナギが立て続け様に2枚と最後に意外なゲストが登場し時間となり終了となりました。妻は先週のリベンジを達成し良型2枚(1.7&1.8kg)をゲットし、またあと4mと言うところで大型?のバラシが有り残念がっていました・・・。また浜田さんも良型揃いで4枚、最大は3.4kgで総重量は約10kg有ったと思います。流石!名人! お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


6/29 銚子沖 ヒラメ釣り
6/30 UP
今回も引き続き銚子沖のヒラメ釣りに行って参りました。先週はお会い出来なかった菅生さんも今回は来られ、未だ納得の行っていない釣果を何とか打破しようと祈るような気持でお互い船に乗り込み出船とまりました・・・。前日(6/28)はトップが9枚と絶好調な内容で船宿のHPが更新され、我ながらまた変な期待をしたのですが、ここ最近の火曜日は何だか鬼門で?著しく釣果が落ち込み、毎回期待とは裏腹でかなり厳しい結果で終わっているのが現実なので、あえて前日の事は忘れ竿先に全神経を集中し最初の1枚を釣る事だけを考えました・・・。ポイントは今回河口沖でしたが濃霧が凄く辺り一面がガスっていて視界が悪く、周りの状況は一切判りませんでした。開始後は予想通りアタリも無く、何度か移動を繰り返し一時間以上過ぎた時刻になってようやくアタリが有り船中最初のヒラメ(写真左の1.5kg)をゲットする事が出来ました。釣果はその後もう一枚追加し私は2枚、妻はヒラメはダメでしたがホウボウとマトウダイが釣れました。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


6/22 銚子沖 ヒラメ釣り
6/23 UP
今回も引き続き銚子沖のヒラメ釣りに行って参りました。先週は一日頑張った挙句、私自身ヒラメの顔を拝む事が出来ませんでした。悔しく無いと言えば嘘となりますが、しかしこの釣りはボウズ覚悟なのでダメな時は割り切って諦めるしか有りません。まして自然相手なので日々状態が変わる為、実際海に出てみないと判らない場合が多々有ります。今回も前日がシケ気味だったのではっきり言ってあまり期待は出来ないところでもありました・・・。ポイント到着後一投目で直ぐアタリが有り、幸運にも船中一番でヒラメ(1kg)をゲットしました。その後2投目でも直ぐアタリが有りましたが針掛かりまでは行かず、上げてみるとヒラメの歯形だけが残っていました。なので開始早々連ちゃんでアタリがあったので今日はかなり釣れるかも?と期待だけが膨らみました・・・。しかしながらアタリの有ったあのはその時だけでその後は殆どアタリも無くただ時間だけが過ぎていった感じでした。何度か移動を繰り返しようやくアタリが有り、小型(0.8kg)のヒラメが釣れ、その後はまたアタリが無くなり時間となり終了となりました。外道で1.5kgのイナダが1枚釣れました。妻も今回はアタリが少なくそんな中辛うじて1枚ヒラメ(1kg)を釣る事が出来ました。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


6/15 銚子沖 ヒラメ釣り
6/16 UP
先々週に引き続き銚子沖のヒラメ釣りに行って参りました。釣行2日前(6/13)にはトップで10枚とこの時期にしてはかなり驚きの釣果でした。本来なら梅雨明けが本番で8月〜10月位までがヒラメ釣りのピークでこの時期に10枚も上がったと言うのは多分一時的に水温上がったのかも知れません。しかし前回(6/1)もアタリはそこそこ有ったので、今回はかなり期待をしての釣行となりました。港の駐車場から船宿に向かう途中またまた菅生さんとお会いしご挨拶。お互い大型ゲットを誓い合い各々左右のミヨシで釣りをする事になりました・・・。前の日の夜から強烈な風が吹いた為か、ウネリが有り開始後は殆どアタリも無くただただ時間だけが過ぎて行きました。ポイントを大根から犬若沖に移動し再度期待をして望みましたが、こちらも底荒れ気味で殆ど反応が無くまた時間だけが過ぎて行きました。しかしながら妻は場所を左のトモから2番目だったのが幸いしたのか2枚連続でゲットする事ができました。本命(ヒラメ)はその妻の2枚のみで私はオデコとなってしまい終了となりました。外道で美味しそうなクロソイが2枚釣れたのと後半良い天気に恵まれ気持良く過ごす事が出来たので、まぁ〜良かったのかな〜?と思っています。ヒラメは来週必ず・・・・・・・・・・。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


6/8 久里浜沖マダイ釣り&剣崎沖イサキ釣り
6/9 UP
今回は銚子沖のヒラメ釣りに行く予定でしたが、前日の予報が雨模様だったので多分行ってもヒラメはそんなに釣れないだろ〜と思い、急遽マダイ&イサキ釣りに変更しました。イサキはヒラメと同じで今月が解禁で日によってまだむらが有りますが、良い日で50尾を超える事もあり数釣りが楽しめる釣りでもあります。ポイントは剣崎沖の水深20メートル前後で、タックル(釣りに使用する道具一式)はライトタックルといって、すべて軽量かつコンパクトな道具を使い、気軽に出来る釣りのひとつです。また食べたら今の時期産卵前なのでお腹もパンパンで身にも適度な脂が乗って大変美味しいお魚です。そのイサキ釣りは妻(美奈子)で私はマダイ釣りと同じ船宿で別々の船での釣行となりました。釣果の方は思ったより苦戦し本命のイサキが8枚とかなり寂しい結果となってしまいました。船全体でもトップが15枚のスソが1枚しか釣れなかったので日が悪かったのかな〜?としか言いようがありません・・・。私のマダイ釣りは、開始後2枚立て続けに釣れましたが、その後はアタリも無く後半になってようやく1枚釣れ合計3枚(1.0kg&1.2kg&1.5kg)とまずまずでした。船中5人でトップが5枚、次いで私の3枚、あとの3人はボウズでした・・。次回はヒラメ釣りを予定していますが、また状況次第では変更があるかもかも知れません。お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣船店さんでした。


6/1 銚子沖 ヒラメ釣り
6/2 UP
遂に待ちに待った銚子沖のヒラメ釣りが解禁し早速挑戦してまいりました。先週もご一緒だった菅生さんも予告通り来られ、お互い解禁初日に期待が膨らみ健闘を誓い合いました。私達は早く着いた事も有って運よく空いていた左右のトモ(後ろ)に入る事が出来ました。菅生さんは左のトモから2番目(私の隣)に場所を決め準備に入り、今回もお手製のぬか漬けのお新香を持参し私達にと手渡され頂戴しました。「ありがとうございました」「美味しかったで〜す!」 開始直後妻にヒラメらしきアタリが有り、慎重にリールを巻き上げ小型(0.8kg)では有りますが、解禁初日船中1枚目と幸先の良いスタートを切る事が出来ました。その後船中で何枚かは上がりましたが私はダメでした。でもアタリはそこそこ有るのでいずれ釣れると自分に言い聞かせ、試行錯誤をし何とか1枚と考えていました・・・。ポイント移動後隣の菅生さんに強烈なアタリが有り、竿が海面に引き込まれるような正にヒラメ独特の竿のしなりがありました。計量した結果2.15kgでした。その時私も同時にアタリが有ったのですがヒラメでは無くホウボウが1枚ついていました・・・。結局ラスト1時間の12時頃に写真左の1.2kgのヒラメが私の竿に喰ってきてくれました。その後追加を期待しましたが時間となり終了となりました。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。来週も状況次第ではありますがヒラメ釣りに行くつもりです。


5/25 久里浜沖 マダイ釣り
5/26 UP
今回がノッコミシーズン最後(ラストチャンス)の釣行で、何が何でもせめて1枚(大鯛)と祈る気持ちで港に向かいました。前日の予報(風と波)は決して良いものでは有りませんでした。もしかしたら出船?もしかしたら出船停止?と半分半分位の割で怪しい感じでもありました。実際港に行ってみない事には何とも言えないし、迷っていてもしょうがないので結局何時も通りに起床し車を走らせました。一般道、高速道ともそんなに風が強いとは感じられませんでしたが、港に着いてみると時折強い南風が吹き、案の定出船が様子見となってしまいました・・・。結局なんらかんら1時間以上は待ちましたが、釣り人の釣りをしたいと思う気持が勝ってか運よく船が出る事になりました。定刻の7時出船でした。それ故気持も大きく膨らみ念願の大鯛ゲットと思いきや残念無念今回もレギュラーサイズ止まりで夢の大鯛とは行きませんでした・・・。また今回菅生さんも来ておられ、別船(18号船)では見事竿頭でした。流石!!!また来月解禁初日のヒラメ釣りでの再会も誓い合い、お互い気持はもうそっちに行っているような感もあり、今後はヒラメ釣り好きにはたまらないシーズンに入ります。なので次回(6/1)は海の状況次第ですが、銚子沖のヒラメ釣りに行ってきま〜〜す!!!今回お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣船店さんでした。


5/18 久里浜沖 マダイ釣り
5/18 UP
先週のリベンジで再度久里浜沖のマダイ釣りに挑戦してまいりました。今回もこのところ毎回ご一緒の菅生さんにお会いし朝のご挨拶。お互い先週はかなり悔しい思いをし、今日こそはと肝に据え大鯛ゲット達成を誓いあいました・・。また今回、アマダイ釣りでご一緒になった事のある「木島さん」にもお会いしご挨拶。違う釣り物で偶然会うと言うのも何かの縁で、お互い健闘を称えあい、別の船での出船となりました。開始後右舷ミヨシの名人(星野さん)が立て続けにヒットし、見る見るうちに桶の中にマダイが埋まって行きました。それを横目で見ながら次は自分にアタリが来ると思いつつ真剣に竿先を眺めていましたが、釣れるのは外道のハナダイやアジ・サバばかりでなかなか本命のマダイは喰ってきてくれませんでした。その後小型では有りますが、何とか本命のマダイがヒットし、無事ゲットする事が出来ました。結局その1枚が本日の貴重なな1枚となり終了となってしまいました。隣の名人(星野さん)は余裕で9枚も釣り上げ、アッパレでした。出来る事なら弟子入りでもしたいな〜と思う今日この頃です・・・。ちなみに妻は、本命マダイが2枚、外道でハナダイ1枚とアジ・サバでした・・・。今日もお会いした菅生さんは大型3.96kgを釣り、また木島さんも良型2.27kgを見事釣り上げ、私だけが・・・・。次回が春のノッコミ鯛釣りの最後のチャンスなので、次回こそは!!頑張るぞ〜!!!お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣船店さんでした。


5/13 千葉飯岡沖ホウボウ釣り
5/14 UP
ゴールデンウィークの代休で、今回はホウボウ釣りに行って参りました。本来何時もお世話になっている孝進丸さんに行くつもりでしたが、おやじさんが体調を崩し船が出れないと言われ変わりに外川の手前にある飯岡の港から出船となりました。ホウボウ釣りは3月〜4月がピークで多いときはトップで50枚近く上がる事がありました。ここ最近は、終盤とあってかあまり数が出ていませんでしたが、毎年一度はやってみたい釣り物なので今回釣行を決めました。4時に船宿が開店し受付を行い5時に出船となりました。こちらは毎週木・金曜日が釣り物によって半額となる為、昨日はかなり多くの人でごった返していました。ポイントは飯岡の港から約45分程度走った所でヒラメなど狙う外川沖とほぼ同じ様な所でした。開始後何回か流しましたが殆どアタリが無くたださお先を呆然と見ているだけでした。その後ポツポツでしたがアタリが有りホウボウが6枚・イナダ2枚・ムシガレが1枚と釣れました。妻も同じような感じでホウボウが5枚のイナダが2枚でした。来年はもっと早めに釣行を決め大型のホウボウをいっぱい釣りたいと思っています。お世話になった船宿は飯岡港隆正丸さんでした。


5/11 久里浜沖 マダイ釣り
5/14 UP
今回も大鯛を求めて再度久里浜沖のマダイ釣りに行って参りました。実は先週もマダイ釣りでしたが本命&外道と何も釣れなかったのでhpの更新はしませんでした・・・。港の駐車場で出船までの間、車の中で時間調整をしていたら、またまた菅生さん(池ノ上の台湾料理店「光春」」のオーナーシェフ)が港に到着し直ぐ様ご挨拶・・・。ゴールデンウィークは休まず営業し約2週間振りの休みで、結局大好きな釣りをするのが一番の楽しみでも有り、お互いまだ大鯛ゲットが出来ていない事もあって再度お会いする事になりました。「お手製のおにぎりと漬物ありがとうございました 大変美味しくいただきました ご馳走様でした・・・」 ここ数日濁った潮が入り込み、状況としてはかなり厳しい事は分かっていました。なので午前中(出きれば10時位)までには、何とか型を見たいと思ってました。しか〜し!釣れるのはアジやサバばかりで、肝心のマダイは一切口を使わず結局最後まで、型を見る事が出来ませんでした。「いや〜〜悔しかったです!!!」妻は幸運にも1枚(0.7kg)をゲットする事が出来ました。「来週はリベンジだ!」お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣船店さんでした。


4/27 久里浜沖 マダイ釣り
4/28UP
今回も再度マダイ釣りに行ってりました。前日の予報(低気圧)があまり良くなかったので、船が出れるかどうか少し不安でしたが、多分午前中位までは出来るだろうと思い、焦る気持を抑えつつ港に向かいました。今回もまたまた菅生さんとお会いし、ご挨拶・・・。先週菅生さんはマダイを7枚も釣り見事竿頭となりました。しかしまだ大鯛が上がって無いと言う事で再度チャレンジ・・・。お互い考える事は一緒でやはり大鯛ゲット。釣りは誰しもその可能性が有り、運が良ければ、釣り上げる事が出来るでしょう。あとはリールのドラグ調整と慎重なやり取りで多分大丈夫だと思います。ちなみに私は未だだ大鯛には縁がないので、あまり偉そうな事は言えませんが、大体そんなイメージでやればOKではないでしょうか?釣果は先週と同じような感じで食べ頃サイズが5枚(私が3枚の妻2枚)でした。最大は私の写真で1.9kgでした。次回こそは大鯛ゲット!!!お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣船店さんでした。


4/20 久里浜沖 マダイ釣り
4/20UP
今回も先週、先々週に引き続き久里浜沖のマダイ釣りに行って参りました。また、今回も先週同様菅生シェフとお会いし出船までの間、釣り談議・・・。やはり先週もお話しましたがその続きで、釣り(特にマダイ釣り)と言うものは、何か妙に魅せられる物があって、釣れれば釣れたで欲がでて、数を求めたり、また釣れなければ釣れないで、自分なりに色々な棚を探ってみると言う奥の深〜い釣りでもあります。特に一番の醍醐味は自分がイメージした棚にコマセをまき、その中に付け餌を漂わせ、本命のマダイに喰わせる。正にドンピシャで当たった時は、この上のない喜びを感じます。また、その後の鯛独特の下に走る引きにも何とも言えないスリリングが有り、竿先が海面に引き込まれる時は、常に感動を覚えます・・・。今回もさほど大きめな鯛は上がりませんでしたが、食べころサイズが揃いそれなりに満足のゆく結果が出たと自分なりに思っています。釣果は私が4枚(0.4kg〜1.3kg)の妻が2枚(0.8kg〜1kg)で合計6枚のマダイが釣れました。ちなみに菅生シェフは2隻の高低で竿頭(7枚)となりと先週のリベンジを軽く達成しました。「流石が!」「おめでとうございま〜す!」外道は大きめのマアジと小さめのサバでした。お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣船店さんでした


4/13 久里浜沖 マダイ釣り
4/14UP
今回も先週に引き続き、久里浜沖のマダイ釣りに行って参りました。前日の予報(風と波)があまり良くなかったので、釣行自体をどうするか少し考えましたが、結局いつも通り釣りに行く事にしました・・・。港の駐車場で出船までの時間を車の中で待っていると、先週もお会いした菅生さんが目に入り少し立ち話・・・。菅生さんは先週マダイを3枚とクロダイを1枚とまずまずの内容で本人自身それなりに納得が行った感じが見受けられました。が、しかし、人間(釣り)と言う物は、欲の塊で、常にこれで良いと言う事は絶対に無いという訳で、仮に先週が3枚であったら、今回はその上の4枚、5枚と更に上を期待してしまうからです。正に私達もいつもその期待を胸に、気付けば毎週リベンジらしき釣行となってしまっています(笑)・・・。また、なかなかそう思うように行かないのがこの釣り(マダイ釣り)で、ほぼ一日中棚を探っている時があります。特にオデコの時は、大体そうです(笑)・・・。しかしながら頭の中で海の中をイメージし、そのイメージ通りに魚に餌を喰わせた時、その時は最高に嬉しいひと時で、他に比べようが無い満足間が有ります。だからこそ癖になって止められない訳でもあります。釣果は前半に2枚(0.4kg&1.6kg)上がりましたが、その後は餌もかじられず苦戦を強いられ終了となりました。そんな中常連の名人は何と6.18kgの大ダイを見事釣り上げました。やはり流石だな〜と横目でみながらその大きさにビックリしました。妻は先週に引き続き今回も苦戦でした・・・。お世話になった船宿は
久里浜港ムツ六釣船店さんでした。


4/6 久里浜沖 マダイ釣り
4/7UP
先週は疲労の為、釣行を断念しました。
今回も本来、銚子沖でのホウボウ釣りを予定していましたが、前日貸し切りが入っていて終わるのが大分遅くなってしまい、また疲労もたまりホウボウ釣りを断念し、久里浜沖でマダイ釣りに切り替えました。今年も既にノッコミのシーズンに入り大鯛がちらほら上がっています。まだピークはこれからなので、あまり盛り上がってはいませんでしたが、それでも2隻での出船となりました。出船前には以前も一緒になった事のある、池の上(井の頭線)で台湾料理店(光春)のオーナーシェフ(菅生さん)とも再会し、釣りやお店の近況などを話しました・・・。ポイントは久里浜沖40mで、他船も数多く周りにはありノッコミに入っている状況が感じとれました。開始直後から右舷ミヨシの常連さんが連続ヒットし、多分3〜4枚は取り込んだと思います。私はその隣でやっていましたが、殆どアタリも無く、また餌だけが餌取りにかじられ、苦戦を強いられました。少しずつ棚を上げようやく餌が付いて残ってくるのを確認し、その棚で待ってみることにしました。その甲斐があってかついに本命のマダイらしきアタリが有りました。初ヒットなので慎重にリールを巻き上げ、無事1.1kgの雄のマダイをゲットしました。妻はマダイこそダメでしたが、大型のクロダイ(2.9kg)をゲットしました。お腹パンパンでした。お世話になった
船宿は久里浜港ムツ六釣船店さんでした。


3/23 岩井沖 アマダイ釣り
3/24UP
今回は千葉岩井沖のアマダイ釣に行って参りました。昨年の9月後半よりスタートしたアマダイ釣りも今月27日をもって今シーズンが終了となります。なので今回がシーズン最後の釣行となりました。前回(3/2)は強風で波も高く海の状況は最悪でした。今回は久しぶりに海も穏やかで、予報は曇りベースでしたが、時折雲の隙間から陽が差し込み、以前の様な寒さも無くなり最高の釣り日和となりました。また、火曜日とあってお馴染みさんとも会え、釣り談議をしたり、暫しの別れの挨拶と、来シーズンの再会を誓い合う事ができました。夏に集まって銚子のヒラメ釣りに行く事も決め、今から楽しみでしかた有りません。「早く実現したいな〜」 釣果は2人で6枚(妻3枚)でした。この時期としてはまずまずの内容だったので、良い納竿が出来ました。今回もお馴染みさん(海内さん・浜田さん)よりアマダイや外道を戴きました。「本当に何時もありがとうございます。」お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


3/17 銚子沖 ヒラメ&ホウボウ釣り
3/17UP
今回は銚子沖のヒラメ&ホウボウ釣りに行って参りました。前日3/16(火)は南西風が強く、海上は大シケだったので、1日ずらして3/17に釣りに行く事にしました。 このエリアのヒラメ釣りは今月末までは釣りが楽しめますが、4〜5月いっぱいは産卵の為、禁漁となります。次回は6月から解禁となり、また数釣りの楽しめるシーズンがやって来ることになります。なので今回のヒラメ釣りが前半戦の最後の釣行となりました・・・。釣果はシケ後とあってか、底荒れぎみで、肝心のヒラメは型を見る事が出来ませんでした。アタリは私が一度有りましたが、巻き上げの途中でバレてしまいました。多分3k前後はあったと思います。「あ〜残念!・・・。」 ホウボウは大型揃いで3枚(妻2枚)釣れました。外道は黒ソイが1枚でした。今回お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


3/2 剣崎沖 アマダイ釣り
3/3UP
今回は剣崎沖のアマダイ釣りでしたが、本来は久里浜沖のマダイ釣りを予定していました。マダイ釣りの船宿(ムツ六釣り船店)に朝5時過ぎに到着すると、「今日は北風が強いから、ダメだね〜!」と船長に言われ、期待していたマダイ釣りが中止となってしまいました。そのまま真直ぐ帰っても良かったのですが、折角ここまで来たのでダメモトで久比里の山下丸に寄ってみました。すると「船は出るよ〜!」と言われ急遽アマダイ釣りに変更となりました。仕掛けは持参しなかったので、船宿の仕掛けを購入し、竿はマダイ竿でやってみる事にしました。釣り人はスミイカ釣りのお客さんが1人、アマダイ釣りが私たち2人だけと寂しい状況でした。今回も船長には申し訳ないと思いつつ、船をだしてもらいました。釣果は竿がマダイ竿でアタリが良く分からない事も有って、小型ばかりで4枚(妻3枚)でした。外道は大型のホウボウ(1kg)とドンコ・トラギスなどでした。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


2/23 銚子沖 ヒラメ釣り
2/24 UP
今回は今年初めてとなる銚子沖のヒラメ釣りに行って参りました。1/26日の大洗沖ヒラメ釣りは、二人して本命型見ずで終ってしまい本当に悔しい思いをしました。なので今回は場所を変えそのリベンジとして、ヒラメ釣りに行く事にしました。お馴染みの船宿「孝進丸さん」は、今はメインがオキメバルに変わり、ヒラメ船は2号船と言ってオヤジさんの船で釣りをする事になりました。出船は6時で、ポイントまではゆっくり走り約40分位でした。期待をして活きイワシを針に掛け水深約25mで、ヒラメのアタリを待ちました。先ずは早速妻に何かアタリが有り、上げて見ると良型のクロソイでした。本命でなかったのがちょっと残念でしたが、一投目で魚が釣れたので、その後に期待出来る予感がしました?・・・・。その直後私にもヒラメらしきアタリが有り、慎重にリールを巻き上げ、写真左の良型(1.8kg)が上がりました。私も一投目だったので今後に凄く期待を膨らませてしまいました・・・。しかしその後は魚の活性が下がり殆ど何も釣れなくなってしまいました。なので場所を深場(約55m)に移動し、再度仕切り直しでヒラメのアタリを待ちました。直ぐさま本命では無いアタリが有り、上げて見るとやはりマトウダイでした。その後連続でもう2枚追加し合計3枚のマトウダイが釣れました。なかなか本命は餌に喰ってきてくれませんでしたが、その後私に1kgのヒラメが1枚釣れ本日が終了となりました。釣果はヒラメが2枚のマトウダイが3枚・ホウボウが1枚・クロソイが1枚でした。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


2/16 剣崎沖 アマダイ釣り
2/17 UP
先週は予報の悪い中、もしやと思い船宿まで出かけましたが、案の定、南西風が強く船が出れませんでした。なので、仕方なく諦めて帰ってきました。(あ〜残念!!) それで今回は仕切り直しと言う事で先週に引き続き久比里の山下丸に向かいました。今回も予報はあまり良くありませんでしたが、風は北風だったので釣りをするには大丈夫の事と、事前に電話確認のもと安心をして船宿に向かいました。予報は曇りで雨は降らないような事でしたが、実際はほぼ一日小雨がぱらつき、大分肌寒い釣行となってしまいました。指先もかじかむほどでした。釣果は今回もあまりぱっとしませんでした。私が2枚(小型)、妻は型見ずと納得の行くものでは有りませんでしたが、心優しい常連の釣り人「横須賀市の西山さん」(写真右側)より良型43cmのアマダイやムシガレイ、また大量のスミイカも頂戴し帰りの車の中は西山さんから貰ったものでいっぱいになりました。「何時もありがとうございます!!!」「感謝感激です!!!」お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


2/3 久里浜沖 マダイ釣り
2/4 UP
連休2日目の昨日は、やはりこちらも三浦半島の久里浜港よりマダイ釣りに行って参りました。妻の風邪も一日ゆっくり休養をとったので、その甲斐があって何とか体調も戻り、今回は2人して釣りに行く事が出来ました。予報は晴れマークでしたが、ほぼ一日鈍よりした空模様で体感的に昨日より大分寒く感じられました。釣果は・・・実は2人してオデコでした。写真のマダイは、心優しい常連の釣人(谷下さん・星野さん)と船長より頂戴した物です。「ありがとうございました!」 次回のリベンジ釣行に期待したいと思います。お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣船店さんでした。


2/2 岩井沖 アマダイ釣り
2/4 UP
今回は連休2日間を大好きな釣りで過ごす事にしました。先ず初日は久比里港よりアマダイ釣りです。今回妻は体調を崩し(風邪で)、やむなく私1人での釣行となりました。前日は東京にも2年振りとなる雪が降り、辺り一面銀世界で私の住む杉並でも約5〜6cmは積もったと思います。そうなると翌日の釣行の事が心配で、船宿までの道路状況がどうだろうかとか、船が出るだろうかとか、色々考えてしまいました。(考えたところでしょうがないのですが・・・・。) 結局余裕をみていつもより1時間前に家を出る事にしました。案の定、雪の影響はかなり有り、通常使う第三京浜や横須賀・横浜道路は全て通行止めとなっていました。結局一般道で行くしか方法が無かったので、スピードを抑えゆっくりめで、船宿まで向かう事にしました。約2時間(通常の約2倍の時間)は掛かりましたが無事到着する事が出来ました。ところが到着後、私を除いて釣り人は誰も居ませんでした。多分少ない事は予想していましたが、全く誰もいないというのはちょっと驚きでした。でも状況を考えたら私の行動の方が予想外だったのでしょうか?。結局その後、スミイカ釣りのお客さんが2名見えただけで、アマダイの釣船は私1人で乗船する事になりました。「船長ご免なさい!」  海の状況はウネリも無く、風も差ほど無く、釣りをするには全く問題が有りませんでした。肝心のアマダイは何とか3枚ゲットする事が出来ました。サイズは30cm〜38cmと中型主体で、まずまずの内容でした。私1人だったので1時間早めに納竿させて貰いました。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


1/26 大洗沖 ヒラメ釣り
2/4 UP
大洗沖のヒラメ釣りは本命型見ず外道無しと、お恥ずかしい釣行だったので更新を控えました。次回のヒラメ釣りに期待したいと思います。お世話になった船宿は大洗港山正丸さんでした。


1/19 剣崎沖沖 アマダイ釣り
1/20 UP
今回は年明け初めて剣崎沖のアマダイ釣りに行って参りました。先週は、寒波の影響で非常に寒く、指先の感覚も無くなるような厳しい状態での釣行となりました。しかし昨日は打って変わって春を思わせるようなポカポカ陽気となり、防寒用の上着を脱いでも暖かく最高の釣り日和となりました・・・。しかしながら海の中の状態はいまいちで、終始潮が流れない状態で、アマダイの活性はあまり良い状態では有りませんでした。型は中型主体で大型は出ませんでしたが、2人で5枚(妻2枚)と常連の釣り人西山さんより3枚戴き、合計8枚となりました。また前日釣ったスミイカも西山さんより戴きました。感謝感激で〜す!!!「大好きな釣りが一緒に出来るようになるまで回復しおめでとうございま〜す! もう大丈夫ですね!」。「夏になったら皆さんで銚子沖のヒラメ釣りに行きましょう」今回お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。

1/12 久里浜沖 マダイ釣り
1/20 UP
この日は朝から雨降りで、非常に肌寒い一日でした。結果的に辛うじて小型(0.7kg)のマダイが1枚釣れたぐらいで、あとは外道のサバのみの釣果となってしまいました。寒さの為、定刻まで出来ず早上がりとなりました。お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣船店さんでした。


1/6 佐島沖 マダイ釣り&佐島沖アマダイ釣り
1/7 UP
2010年の初釣りは、マダイ&アマダイ釣りで行って参りました。
本来は1/5(火)を予定していましたが、海の状態が悪く一日ずらしての釣行となりました。ここ佐島沖でのマダイ釣りは、マダイ釣りの最初の場所でもあり、いわば今のマダイ釣りのベースとなる船宿でもあります。最近は久里浜沖などもよく行くようになりましたが、基本的なものを教えてもらったのは、こちらが最初の船宿となります。今回は妻がマダイ船で私がアマダイ船と別れての釣行となりました。先ずは妻のマダイ釣りですが、何と初釣りで驚きの大鯛を見事釣り上げる事が出j来ました。(
体長71cm・体重5.2kg)また自己記録更新ともなり、年頭縁起の良いスタートを切る事が出来ました。「私はただ指をくわえてみてました・・・」「羨ましい!」
結果的に、大鯛を1枚と小型(0.6kg)が1枚、外道で3kgのメダイが1枚釣れました。持参したクーラーボックスが小さく見え、収めるのがやっとでした・・・。 私のアマダイ釣りは、お恥ずかしく小型が4枚と寂しい釣果となりました。外道はトラギス・ムシガレなどでした。今回お世話になった船宿は佐島港つね丸さんでした


1/1
新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。


167-0021 東京都杉並区井草3-3-2 TEL/FAX 03-3301-2351 定休日毎週火曜日・第一・第三水曜日
Lunch 11:30-14:00(Lo13:30) Dinner 17:30-21:30(Lo20:45)
Copyright (C) 2004 Restaurant Hirai.All rights reserved