Fishing 8 (2011)
Top Bistro hirai
Fishing1 Fishing2 Fishing3 Fishing4 Fishing5 Fishing6 Fishing7 Fishing8
Fishing9
Fishing10 Fishing11 Fishing12 Fishing13 Fishing14

12/27 剣崎沖 アマダイ釣り
12/28 UP
今回は今年最後となるアマダイの釣り納めに行って参りました。今日も師匠こと横須賀市の西山さん&中野の浜田さんも来ておられ、ご挨拶&釣り談議。浜田さんと私達はアマダイでしたが、西山さんはスミイカをやると言う事で、別船での出船となりました。ポイントは何時も通り剣崎方面でしたが、前回に比べやや浅め。70mをちょっと超えた位でした。船長曰く深場のポイントは黒潮の影響を受け水温が上昇し、餌取りが活発との事・・・。期待外れの水深で少し戦意喪失状態でしたが、何とか今年最後なので、目標の50センチオ−バ−を目指しひたすら頑張りましたが、結果的に妻4枚の私3枚(小型〜中型)で目標の50センチオ−バ−はお目に掛かる事は出来ませんでした。悔しいけど来年に持ち越しで〜〜〜す。写真右のスミイカは西山さんより頂きました。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。



12/20剣崎沖アマダイ釣り

12/21剣崎沖アマダイ釣り
12/22 UP
今回は今年のクリスマスディナ−のお魚料理を「剣崎沖釣りアマダイ」に決めたので、何が何でも釣って来なくてはならなくなってしまい、急遽2日連続でアマダイ釣りに行って参りました。初日20日は何時もお馴染みの師匠こと「横須賀市の西山さん」や「中野区の浜田さん」また孝進丸のヒラメでご一緒だった「柏の増田さん」も来ておられ楽しい朝のお話タイム・・・。

ここ最近、憧れの50cmオ−バ−がちらほら上がりだし、そろそろアマダイ釣りの本格的なシ-ズンになりました。私も昨年(10/26)に自己記録更新の56cm(1.9kg)の特大サイズのアマダイを釣り上げました。今となってみると何年も前のような気がしてなりませんが?、やはり写真や魚拓などを見る度、その大きさには驚かされている今日この頃です。

今シ-ズンももしや?と思い何度と無く挑戦をして来ましたが、なかなか50cmを超えるようなアマダイにはお目にかかる事は無く、先週の47cm(1.4kg)が今のところ最大で、今日に期待が膨らみました・・・。

ポイントは剣崎沖の水深90m前後、風は北風少々、波も少々とまずまずの条件でほぼ一日出来ましたが、私だけアマダイの顔を見る事も出来ませんでした。釣果は浜田さんのお父様が5枚、息子さんが3枚、西山さん1枚、妻1枚。サイズも小型が無く大型揃いでした。本来妻1枚のはずでしたが、西山さん、浜田さんから頂いて何と4枚も持って帰る事が出来ました。感謝感激で、また横須賀方面、中野方面には足を向けて眠れません。ありがとうございました。またこの日、右胴の間に入った人が51cm、52cmを釣り上げト-タル6枚で竿頭。強運の人っているんだなぁ〜〜〜〜。あまりにも違いすぎて悔しぃ!!!悔しぃ!!!

と言う事で前日の悔しい思いが有ったのと、もう少しアマダイを調達しなくてはならなかった事も有り、再度アマダイ釣りに行って参りました。前日同様師匠こと西山さんにもお付き合いして頂き、再度褌のひもを締めなおし、気分も心機一転、新たな気持ちで臨む事にしました。昨日の事は忘れて?・・・。

ポントは昨日同様剣崎沖で、風も無く、波もあまり無く、また潮も殆ど流れないと言う生憎の状況でしたが、開始一投目、運よく船中一番乗りでアマダイとご対面。取りあえずこれで気分が楽になったのか、直ぐ様もう1枚追加。全て中型(30cmオ−バ−)。後は50cmオ−バ−といきたいところでしたが、潮がぱたっと止まってしまい、付け餌のオキアミもかじられた気配も無くそのままの状態で上がって来る始末でした。何とか辛抱し、また潮が流れ出すのを待ちましたが、時は既に遅しで終了間際に若干流れ、2枚追加となりました。結局私が4枚(竿頭)妻2枚(最大44cm)西山さん2枚と今日も厳しい釣りになりましたが、またまた西山さんから今日のク−ラ−ボックスの中身を全て頂いて、昨日に引き続き感謝感激で申し訳ありません!!!

これで今年最後のメインイベントが最高の料理になるのは間違いなし!!!

お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


12/13 剣崎沖アマダイ釣り&久里浜沖ハナダイ釣り
12/14 UP
今回は私が剣崎沖のアマダイ釣り、妻が久里浜沖のハナダイ釣りと2人別々の港から違う釣り物となりました。妻のハナダイ釣りは前から一度やってみたいと言っていたので、ようやく実現する事が出来ました・・・。ハナダイ釣りは良型主体で23枚と始めてのわりには上出来でお見事でした・・・。私のアマダイ釣りは数こそ上がりませんでしたが、大型47cm(1.4kg)のでっぷりしたアマダイと40cmの良型の2枚だけでしたが、久し振りにアマダイ独特の強烈な引きが楽しめて満足出来ました。またこの日は中野の浜田さんも特大サイズ(51cm)のアマダイを釣り上げ共に嬉しい一日となりました。お世話になった船宿は久里浜港五郎丸さんと久比里港山下丸さんでした。


12/06 大洗沖 ヒラメ釣り 12/07 久里浜沖 マダイ釣り
12/07 UP
今月12月01日から全面解禁になった大洗沖のヒラメ釣りに挑戦して参りました。このところは海の状況も悪く、まだまともな釣果が出ていなかった為、半分迷いましたが取りあえず「当たって砕けろ精神」で一発大型ゲットを期待しつつ大洗に向かいました。ここ大洗は4年前に妻(美奈子)が特大サイズ(9.7kg)のヒラメを釣り上げた場所で、4年経った今でもその時の思い出は鮮明に覚えています。まず二度目は無いとは思いますが(?)、釣り人というのは一度でも良い思いをすると中々忘れる事が出来ません。何度も"もしや?!”とその時の思い出を振り返っては、結局リベンジだの何だのと言って、足しげく通う事になってしまいます。ハッキリ言って良いお客さんかも知れませんが・・・?気が付けばもう嵌ってしまってそこから抜け出せないのが現状です・・・。
またここ大洗はかつて無い大物を釣り上げた場所故、特別だと思っています・・・。

今回、震災後(3/11)に始めていって実感したのは、船宿の物置(貸し竿や仕掛けなど船宿の全ての道具類)として使っていた重たいコンテナが流されて無くなっていたのを見たとき、私自身初めて震災の恐ろしさを目の当たりにしました。テレビなどでは流されて行くシ−ンは何度と無く見ましたが・・・。取りあえず船と船長&女将さん(船長の娘さん)が無事だった事が何よりだったと思っています・・・。

釣果は食い渋くぱっとしませんでしたが、妻3枚、私が2枚と何とか型は見れたので良かったです!
お世話になった船宿は大洗港山正丸さんでした。

連休2日目の今日12/07は久里浜沖のマダイ釣りに行って参りました。
l今期は例年に比べ食いが悪く、中々足が向きませんでしたが、ヒラメ釣りアマダイ釣りに匹敵する位、自分自身大好きな釣り物でも有ります。マダイ釣りは他の釣り物とはまた一味違い、探った棚で決めた時、格別の喜びを感じます。多分皆さん(鯛釣り師)も同じだと思いますが、やはりたまりません!今回もその喜びを再度味わって見たかったのですが、私の入った右舷側は食い渋く5人で2枚と最悪でしたが、逆の左舷側は4人で14枚と明暗が分かれてしまいました。そのれも釣りなので仕方無いものだと分かっていますが、超悔しいで〜す!!!!
お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣り船店さんでした。


11/29 剣崎沖 アマダイ釣り
11/30 UP
今回は剣崎沖のアマダイ釣りに行って参りました。前回11/15は、一日を通しかなり食い渋く2人で1枚ずつの2枚しか釣れませんでした。またサイズも小型(30cm)であまりにもお粗末過ぎて、自分自身あきれてしまうほどでした・・・。今回も状況的には差ほど変わってはいないみたいでしたが、やはりアマダイの美味しさに魅せられダメもと覚悟で挑戦してみました・・・。

船宿に着くと前回もご一緒だった柏の増田さん師匠こと「西山さん」も来ておられ恒例の釣り談議。増田さんは先週も来て何とか2枚を釣ったと言っていましたが、小型(30cm)が2枚だった為、私同様納得出来ず、再度挑戦する事になりました。

予報がイマイチ良くなかった為か?アマダイの不調が原因か?昨日のアマダイ船は5人での出船となりました・・・。ポイントは剣崎沖の水深60〜70m。やや浅めポイントで船長曰く、何やら何日か前にこの辺で白アマダイが上がった模様とのアナウンス。私自身白アマダイは未だ釣った事が無いので、興味は有りますが、やや浅いポイントなので少し心配・・・。

最初の1枚は開始から少し時間が経った辺りでゲット。やはりアマダイ独特の竿先がゴツゴツと叩く感じが有り、巻き上げがたまりませんでした(最高!)38cmの中型でした。その後は外道と格闘しながらも何とか1枚追加、後半終わり間際に2枚連続でゲットし、合計4枚となりました。私は中型で大型は出ませんでしたが、増田さんの47cm、西山さんの46cmと大型が2枚上がったので良かったのでは・・・。

お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


11/22 銚子沖 ヒラメ釣り
11/22 UP
今回は約一ヶ月振りとなる銚子沖のヒラメ釣りに行って参りました・・・。11月に入り茨城(鹿島や大洗など)のヒラメ釣りのメッカとも言える場所が続々と解禁になり、今まで通っていた外川の船宿も少しひと段落と言った感じで、釣り客もピ−クに比べ大分減ってしまいました。個人的には、ゆったり釣りが出来るので今が最高ですが、その分釣果も少し悪くなり、どっちが良いか考えてしまいますが、外川(銚子)も日によっては型、数でも申し分ない釣果の日も有り、まだまだ魅力十分だと思っています。

また、今の時期だと例年ならアマダイ&マダイがかなり魅力なのですが、今年は水温の関係か今ひとつ。と言う事も有って中々良い結果が出ない為、最後の砦では有りませんが、藁をも掴む気持ちでヒラメ釣りに臨む事になりました・・・。

ポイントは港を背に右方面に少し走った所で、水深は20m前後と比較的浅場からスタ−ト。水色はやや濁り気味、潮は底潮が流れたり流れなかったりと言った具合で、途中よりスパンカ−をたたんで横流し気味でやりましたが、風があまり吹かなかった為、通常の60号の錘でも耐える事が出来ました。アタリはかなり有った方だと思いますが、ヒラメが小さいのか?餌のイワシが大きいのか?腕が悪いのか?歯型だけが残ったままの痛々しいイワシの姿を何回見た事か! まだまだ修行が足りないのかなぁ・・・。

釣果は妻が何とか1kgオ−バ−(ヒラメ)を上げましたが、私はヒラメとは言うに言えないサイズ(ソゲ)ばかりを4枚と全くお恥ずかしい限りです。外道は前回も釣れましたがイナダが5枚釣れました。

お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


11/15 剣崎沖アマダイ釣り 11/16 久里浜沖マダイ釣り
11/17 UP
今回は連チャンでアマダイ&マダイ釣りに行って参りました。アマダイ釣りはお馴染みの横須賀市の西山さん、中野区の浜田さん、また孝進丸のヒラメ釣りでご一緒だった千葉県柏の増田さんとも偶然お会いし、出船前の釣り談議・・・。増田さんは先週もアマダイ狙いで来たみたいですが、生憎の型見ずとなってしまい、そのリベンジで再挑戦との事でした・・・。

特に今年は水温の関係なのか?無にが原因か?よく分かりませんが、アマダイが例年に比べあまり釣れません(腕もあると思いますが・・・)。またその他の魚(外道)も同じであまり釣れていない感じがします。やはり外道がそれなりに釣れない事がアマダイの不調に関係があるのではないかな〜?と私自身思っています。何れにしても自然が相手なので、なんとも理解し難いのもでありますが、依然厳しい状況が続いています・・・。

海上は幾らか北風が吹いて多少波立っていましたが、釣りをするには問題無いコンディションで期待をして臨みましたが、結果的には大型も上がらず小型(30cm)が2枚と今回も納得の出来る物では有りませんでした。次回に期待です。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。

昨日11/16は、朝仕入れ先で知り合った石井さんから、予てからマダイ釣りを誘われていて、今回ようやく実現する事が出来ました。石井さんから”毎月第三水曜日を久里浜の網屋丸さんのマダイ仕立てをやっていて面白いから是非一度”、と前々から言われていて、今回たまたま人数が減った事もあり参加する事になりました。久里浜は常宿としてムツ六さんが有るので、少し気まずい感じがしましたが、駐車場も船の乗る場所も違った為、一安心でした(ここ最近行ってなかった事も有り・・・)。

海上は前日に続き北風が強く、前半は上げ潮が速く、また後半も下げ潮が速いと言うあまり良い状況では有りませんでしたが、何とか本命を3枚(0.3〜1.2kg)と外道で真アジが4枚釣れました。マダイ、真アジとも脂が乗ってとても美味しそうな感じでした。アマダイ、マダイ、真アジ等色々有りますので、是非ご賞味下さいませ。皆様のご来店心よりお待ち申し上げます。


11/08 飯岡沖 ひとつテンヤ マダイ釣り
11/09 UP
今回は初めてとなるひとつテンヤマダイ釣りを千葉飯岡港より釣行して参りました。マダイ釣りは最近殆どが久里浜沖で、コマセで釣るやり方が一番釣れると思っていました。ところがネットの釣果などではこの所ひとつテンヤを使った釣りでコマセでは考えられないほどマダイが爆釣し、以前からかなり気になっていた事も有り、昨日ようやくひとつテンヤデビュ−となりました。仕掛けは8号前後の軽い錘に大き目の針が付いたテンヤと言う仕掛けを使い、餌は5〜6cm程の冷凍エビ、リ−ルは小型のスピニングリ−ルでPEは0.7号、リ−ダ−は2号5mが基本的のようでした。私達は始めてだった事も有り、いきなり買い揃えるのもどうかな〜?と思い取りあえずはレンタルが有ると言う事だったので、それで臨む事にしました・・・。昨日は北風がかなり強く、ウネリも3m位有った為、着底が分かり辛くかなり苦戦をしましたが、錘の着底が確認出来た時は大体アタリも有りました。中乗りさん曰く着底後50cmほど棚を切りアタリを待ち、アタリが無ければ竿をゆっくり上まで上げその繰り返しの途中で微妙なアタリが有れば即あわせ、とのことでした。着底確認&あわせが上手く出来なかった分トップとは大分差が付いてしまいましたが、楽しい一日を過ごす事が出来ました。また大船長、中乗りさん、女将さん達も皆気さくでとても好印象でした。また行ってみたい船宿のひとつにもなりました。次回は全て自前の道具でリベンジを考えています。釣果は私が7枚、妻9枚。外道はハナダイ、ホウボウでした。お世話になった船宿は飯岡港清勝丸さんでした。


11/01&11/02 剣崎沖 アマダイ釣り
11/03 UP
今回は2日間アマダイ釣りに挑戦し何とか大型を1枚でもと思って臨みました。初日11/01は師匠こと横須賀市の西山さんも来ておられ、ご挨拶&釣り談議。西山さんは前日(10/31)に48cmの大型のアマダイを釣り上げ見事竿頭にもなり、その期待もより一層高まり昨年同様今年も50cmオ−バ−が私の目標です・・・。幾分船宿に着いたのが早かった為、運良く右トモが空いていたのでそこに入る事が出来ました。右トモは昨年56cmを釣り上げた場所でも有り、私自身何度か良い思いをしているので今回もまたあやかれればと思い、船に乗り込みam8:00出船となりました。海上は幾らか北風が有り少し波立っていました。また潮が早く二枚潮ぎみでやや釣り辛かった感じでしたが、結果的には3枚(竿頭)となりまずまずだったのですが、念願の大型が上がらなかった事もあり納得の行くものでは有りませんでした。ちなみに妻は今回手が合わず型見ずとなりました・・・。

2日目11/02は、またもや横須賀市の西山さん、中野区の浜田さん、といつものメンバ−が揃い出船前の釣り談議・・・。お互い大型アマダイゲットを期待しam8:00に出船となりました。ポイントは前日同様剣崎沖の水深70〜80m。風も前日ほど無く、また潮の速さも幾らか弱まり、あとは魚の活性次第&腕次第と言うところになりました。
午前中は餌取り(トラギス)が多く、直ぐ付け餌が無くなり餌交換が頻繁でした。やはりまだ水温が大分高く、外道の活性に適した水温の様で、アマダイは中々食って来てくれませんでした。そうこうしているうちに前半戦が終わりまだ本命ゼロとかなり冷や汗ものでしたが、後半辛うじて小型(30cm)ですが何とか1枚ゲットする事が出来ました。ト−タル私はこの1枚だけでしたが、船の反対側でやっていた妻は何と4枚(竿頭)もいつの間にか釣っていました。お見事!お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


10/25 銚子沖 ヒラメ釣り
10/26 UP
先週アマダイ釣り、先々週マダイ釣りと一応釣りには行っていましたが、あまりにも情け無い釣果だった為、ホ−ムペ−ジの更新をしませんでした。写真だけは撮影していたので本日UPしました・・・。

昨日は銚子沖のヒラメ釣りに行って参りました。先週先々週とかなり辛い思いをしたので今回のヒラメ釣りでその嫌な気分を一掃出来ればと思い船に乗り込みました・・・。今シ-ズンお会いするのは2回目の横須賀市長井の加藤さんも来ておられ、出船前にお話。以前も身体が少し弱くなった気がしましたが、やはり体力が大分落ち船に乗り込むのも大変で、人の支えが必要となる位でした。しかしながらお酒(日本酒)は以前と変わらず大好きで酒臭い感じは相変わらずでした(笑)。また今回西荻の依田さんとも来ておられ、笑顔が素敵なピ−ス写真を1枚撮らせてもらいました。皆さん期待を胸にいざ出船!・・・。ポイントは犬吠沖で水深はやや深めの50〜70メ−トル位を狙いました。開始一投目なんと私の竿にヒラメのアタリがア有り、船中最初の1枚をゲットしました。同時に妻にも船長より「美奈子さんも1枚上がった!」と知らせがあり、2人して幸先の良いスタ−トを切る事が出来ました。その後もポツポツ釣れ私が6枚(2番手)、妻4枚とまずまずの内容でした。途中本日一番の強烈なアタリが有り海面近くまで時間を掛けて巻き上げましたが、痛恨のハリス切れが有りました。姿を見て無いので何とも言えませんが、話によるとヒラマサか?ワラサorブリか?メジマグロか?・・・。後半は南風も大分強く海の状況も悪くなってしまい12時前に終了となりました。まだ水温が高い為、イナダが多くオマツリも頻繁でした。西荻の依田さん私の左隣で終始頑張っていましたが、ヒラメ3枚とイナダ多数と言う釣果でした。今回お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。本日のディナ−前菜「釣りヒラメのカルパッチョ」また魚料理「釣りヒラメのポアレ」でお出しいたします。皆様のご来店心よりお待ち申し上げます。


10/18 剣崎沖アマダイ釣り
10/26 UP
食い渋く苦戦をしてしまい、小型のアマダイが2人で1枚ずつでした。外道はレンコ鯛多数とトラギス、イトヨリなど。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


10/11久里浜沖 マダイ釣り
10/26 UP
食い渋く苦戦をしてしまい、本命型見ずとなってしまいました。外道でアジとイナダが釣れたぐらいでした。お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣船店さんでした。


10/04 銚子沖 ヒラメ釣り
10/05 UP
先々週は台風15号、先週は風邪と2週間釣りをしていなかったので何だか大分久し振りの釣りに感じた釣行でした。銚子のヒラメは相変わらず好釣果で前日トップ11枚、数日前には7キロオ−バ−が船中3枚、数、型とも申し分ない状況で、昨日はその影響も有ったのか1号船2号船と超満員でした・・・。お馴染みの菅生さん、依田さんらも見えお互い大型ゲットを期待し、未だ薄暗い中出船となりました。私は幾分早く予約を入れたので1号船、菅生さん依田さんらは2号船でした。ポイントはこの所調子が良い河口沖。最初は水深は46mの沈船周りから攻めました。あまりアタリが無く直ぐ移動。その後漁礁や根周りを攻めた所、船中バタバタとアタリが有り良型も何枚か混じっていました。でも私はソゲが2枚とそのタイミングでは蚊帳の外と言った状態で寂しいものでした。その後1枚(1kg)を追加したもののアタリも遠のき、船中でも偶の人に釣れるだけで、餌切れの為11時過ぎには終了となりました。写真の良型(2.5kg)のヒラメは西荻の依田さんより頂戴しました。(車の鍵を失くし、私の車で西荻の自宅まで送ったお礼でした。その後スペアキ−を持って電車に乗り、夜の9時過ぎに銚子の港に着いたと連絡を頂き、気を付けて帰って来て下さいと告げました!)外道は妻が釣ったイナダ(1kg)と私が釣ったカンパチ(1kg)でした。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


9/27 千葉岩井沖 アマダイ釣り
9/27 UP
今日はヒラメ釣りに行く予定をしていましたが私自身うかつにも風邪を引いてしまい、妻1人でアマダイ釣りに行ってもらいました。前日(月曜日)の午前中に船宿(孝進丸)に予約の電話を入れ、その時点では大丈夫だったのですが、ランチタイムをしている最中から段々と身体がだるくなり、微熱も出始めたので、結局ものの何時間かでキャンセルの電話を入れて、取り合えず私は今回大事をとって釣りをお休みする事にしました。先週も台風で釣りが出来なかった分大分辛い物がありましたが、仕方無いので来週に備えたいと思います。皆様気温が急激に下がったので体調を崩さぬようくれぐれもお気を付け下さい!多分来週はヒラメかな?妻のアマダイの釣果は結局3枚で外道はイトヨリ、トラギスなどが釣れました。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


9/13 銚子沖 ヒラメ釣り
9/14 UP
昨日は銚子沖のヒラメ釣りに行って参りました。予報も良く好釣果キ-プ&人気船宿店の為か平日にもかかわらず1号船は16人、2号船は8人と超満員での出船となりました。お馴染みの菅生さんも来ておられご挨拶&釣り談議・・・。菅生さんは先週もヒラメ釣りでしたが、やはり納得が出来ず再度大型ゲットを期待しての挑戦となりました。私達は予約を入れたのが幾分早かった為1号船。菅生さんは2号船でした・・・。開始後アタリはそこそこ有りましたが、ご覧の通りソゲ(1kg以下)が多かった為、イワシはかじられるのですが直ぐ放してしまいなかなか針がかりまでは行きませんでした。奏功しているうちに何とか3枚ゲット(最大1.5kg)と外道でホウボウ、マトウダイが釣れ、餌が無くなってしまった為、10時半過ぎに私は竿を仕舞いました。妻はヒラメ4枚のホウボウが3枚でした。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


9/6 剣崎沖 アマダイ釣り
9/7 UP
先週のリベンジで今回もアマダイ釣りに行って参りました。船宿に到着すると師匠こと「西山さん」も来ておられご挨拶&釣り談議・・・。西山さんは先週アマダイでしたが、今回は間もなく終了してしまうと言うこともあってカサゴでした。問題は長く滞在した台風の影響がどれだけ有るか?なのですが、前日がトップ5枚また良型主体と船宿のホ−ムペ−ジに書いて有ったので、ならば殆ど台風の影響というものが無いだろう?と思い、また昨日は天気も良く凪で最高の条件でしたが・・・。ポイント到着後海を見てみるとやはり台風の影響が出ていて潮が大分濁ってしまい、不安も有りましたが期待を胸に1投目。トラギス独特のブルブルと言うアタリが有り直ぐ様回収。2投目、何となくアマダイのアタリに近い物があり慎重に巻き上げ小型(30cm弱)では有りますが本命一番乗りでゲット。その後は濁りも一段と増し、今度は潮が速くお祭りの連続で苦戦を強いられましたが、何とか2枚追加し合計3枚ゲット出来ました。悪条件だったので「まあ〜良しとするか〜?」と自分に言い聞かせました。釣果は2人して3枚ずつでした。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


8/30 岩井沖 アマダイ釣り
8/30 UP
8/29(月)から今期のアマダイがスタ−トしたので早速挑戦して参りました。お馴染みの浜田さん&西山さんも見えご挨拶&釣り談議・・・。隣の船宿(山天丸)も2日前(8/27)に好釣果でスタ−トし、アマダイ釣りへの期待が一気に膨らみました・・・。台風が発生しているのでウネリが出るかもしれないと言う予報で、あまり良い条件では有りませんでしたがウネリは殆ど無く北風が強く吹いていました。また大潮の為最初のポント(久里浜沖)では潮(二枚潮)が物凄く速く殆ど釣りにはなりませんでした。一時間以上は粘ったと思いますが、結局潮の勢いは収まる事が無くその後は千葉方面(岩井)に移動せざるをえませんでした。こちらは久里浜沖とは違い大分釣り易くはなりましたが、釣れるのは外道(トラギス)ばかりで肝心のアマダイは最後まで顔を見る事が出来ませんでした。ちなみに私の座った右舷は誰1人とアマダイを釣っていませんが、左舷は殆どの人が釣れました?摩訶不思議???次回頑張るぞ〜〜〜!!!お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


8/27 久里浜沖 夜メバル釣り
8/30 UP
先日(8/27)は私用の為、ディナ−を休む事になりました。また妻も実は旧友と会う約束が有ったのですが、急遽相手側の体調が優れないとの事でキャンセルになり、前々からやってみたかった夜メバル釣りに行く事になりました。車が空いていたので車で行けば!と言ったのですが、渋滞やら帰りの事など考えるとあまり自身が無いようだったので結局電車で行く事になりました・・・。出船時間が夕方の6時だったので1時間前の5時頃に京急の久里浜駅に到着出来るよう自宅を3時過ぎに出ました(約2時間)・・・。夜メバル釣りは週末(土日)限定で8月いっぱいで終わってしまう事も有り、当日は多くの釣人が見え結局2隻での出船となりました。また船宿に向かう途中、師匠こと「西山さん」から電話が入り、妻の夜メバル釣に行く事が船宿から伝わり「ならば俺も一緒に付き合う」と言って頂き、より一層安心して釣りに行ける事が出来ました。西山さんは昼間もカサゴ釣りをしたので、昼夜通しでした。「疲れてるなか妻の釣りに付き合って頂き有難う御座いました!」写真左のカサゴは昼間西山さんが釣ったもので、写真右のメバルも妻が10枚釣りましたが、あとは全部西山さんから頂きました。大事に使わせていただきま〜す!ホントお疲れ様でした!!!お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


銚子沖 ヒラメ釣り
8/24 UP
とうとう私のヒラメ釣りが解禁となりました!
6月よりヒラメ釣りが解禁となり、ここ外川には大分足しげく通いましたが、中々思うような結果が出せず苦戦の連続のでした。めげてはいないと言ったら嘘になりますが、ただ船宿(女将さんや船長)に対し恥ずかしい気持ちや申し訳ない気持ちと言うものが有って、そろそろ何とかしなければいけない!!!と焦る気持ちでいっぱいでした。しかし昨日ようやくその恩返しが出来ました。良型3.7kgを頭に6枚と我ながら大満足の一日となりました。妻も1.8kgを頭に3枚とまずまずでした。これをきっかけに全ての釣りが上向きになってくれればいいな〜と思っています・・・。また今回釣り仲間でもお馴染みの中野区の浜田さんや、菅生さん、西荻の依田さんらも見え、楽しい一日となりました。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


8/17 久里浜沖 真鯛釣り
8/18 UP
このところ中々納得の出来なかったヒラメ釣りでしたが、あまりにも続いてしまったので気分転換も兼ね久し振りに久里浜の真鯛釣りに挑戦して参りました。色々考えた挙句の果てでした。実はスルメイカ(個人的に船上干し&沖漬け&塩辛が食べたかった)もかなり魅力でやってみたかったのですがそれ程良い釣果では無く、ましてあまり経験の無い私達では到底型見る程度がやっとじゃないかな〜?と思い、結局ギリギリまで悩んだ挙句、無難に真鯛釣りと言う事になりました。現状スルメイカ同様苦戦覚悟でしたが、何せ経験では真鯛の方が断然多く、かえって「ボウズ覚悟の釣り」と言うぐらいなので、ダメでも諦めがつく釣りでもあったからです。最初から言い訳を言ってしまい失礼しました・・・。釣果は上の写真でもお判りかと思いますが、その一枚(1.5kg)のみとなってしまいました。潮が澄み過ぎてしまった事が敗因で、尚且つ終始ソウダガツオの猛攻にもやられたからです。お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣り船店さんでした。


8/9 銚子沖 ヒラメ釣り
8/10 UP
今回もまた銚子沖のヒラメ釣りに行って参りました。今までが今までだけだったので、藁をも掴む思いで臨みましたが・・・。先週もお会いした菅生さんも今回は後輩を連れ2人体制でみえ、お互い出口の見えないヒラメ釣りを何とか克服するつもりで臨む事になりました。また常連の目黒の坂元さんや西荻窪の依田さんも来ておられ、かなり気合も入りましたが・・・。坂元さんからは5日前メ−ルで、最近の不調続きに対しアドバイス&励ましの言葉を頂戴し、私なりに少し灯りが見えたような感じがしましたが・・・。結果的にはまた今回もダメでした。西荻窪の依田さんから本日の釣果分全て(4枚も)頂いてしまい大変申し訳なく思っております。ありがとうございました。大事に使わせていただきます。ちなみに菅生さんはヒラメ4枚とホウボウを釣りリベンジ達成おめでとうございま〜す!!!。お世話になった船宿は孝進丸さんでした。


8/2 銚子沖 ヒラメ釣り
8/3 UP
今回も懲りずにヒラメ釣りに行って参りました。先週お会いした菅生さんも来ておられご挨拶&釣り談議。先週はと言うかこの所全くと言っていいほど良い釣果に恵まれず、かなり危機的な状態が続いています。正に釣りの神様にそっぽを向かれているかのようです。多分やっている事は、前とは変わらず、間違った事はやっていないと思うのですが、なかなか思うような釣果が出ていません?あまり考えすぎても良くないと思い、やはり初心に戻り、始めた頃のような釣り方を想像し今回は臨む事に・・・。昨日は人数が多かった為2号船も出る事になり、妻はその2号船(右ミヨシ)の方に移り、出船となりました・・・。朝方は潮の濁りが有った為、アタリが少なかった感じでしたが、場所移動を繰り返し後半には何とか潮も澄み船中のあちらこちらでヒラメが上がるようになりました。全体的にソゲサイズ主体でした。釣果は妻が3枚、私が1枚。またまたやってしまいました。迷路に迷い込んで出口が・・・?お世話になった船宿は孝進丸さんでした。


7/26 銚子沖 ヒラメ釣り
7/27UP
今回も銚子沖のヒラメ釣りに行って参りました。朝方、港の駐車場で私の車に近付く一台の車が有り、誰かと思いきや、菅生さんでした。菅生さんとは6/7にお会いしそれ以来となります。お互い未だ納得が出来ていないので今回に賭ける思いは同じで、定刻の4時45分出船となりました・・・。最初のポイントは港を真直ぐ走った沖合いで水深は30m弱でした。期待を込めて仕掛けを落としヒラメのアタリを待ちましたが、殆ど反応が無かったので次のポイントに移動。多分先週発生した台風6号の影響で底荒れが原因かも知れません?やはり火曜日は鬼門なのかな〜?・・・。アタリ自体は以前に比べ大分増えて来たので今後に期待したいと思います。お世話になった船宿は孝進丸さんでした。


7/12 銚子沖 ヒラメ釣り
7/13UP
今年の梅雨は例年に無く早く明け、気象庁発表は先週の土曜日(7/9)でした。それに伴い毎日35度近い猛暑日が続き大変かと思いますが、水分補給だけはこまめに摂り熱中症にはくれぐれも気を付けてください・・・。釣果は妻が4枚の私が2枚で一応リベンジ達成かな・・・?お世話になった船宿は孝進丸さんでした。


7/6 銚子沖 ヒラメ釣り
サムネイル
7/6UP
今回も懲りずにヒラメ釣りに行って参りました。前回、前々回と私はボウズだったのでそろそろ幾らなんでも釣れるだろう?と微かな期待を胸に臨みましたが、様々な条件が悪かったのか?腕が悪かったのか?結局今回も期待外れの3連続ボウズとなってしまいました。右の動画は今回妻の釣ったホウボウをYouTubeにアップしてみました。来週こそは・・・・・・・・・。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


6/28 銚子沖 ヒラメ釣り
6/28UP
先週は予報が悪かったので早々に釣行を断念しました。なので今回は気合を入れて2週間振りの更新となりましたが、生憎私はオデコで書く事は何も有りませんが、妻は何とか貴重な一枚(1.7kg)を見事ゲットしてくれました!次回のヒラメ釣りに期待したいと思います。お世話になった船宿は孝進丸さんでした。


6/14 銚子沖 ヒラメ釣り
6/15UP
今回も先週同様銚子沖のヒラメ釣りに行って参りました。先週は私が一枚、妻がオデコと散々な結果だったので、今回はそれ以上を期待して臨みましたが、やはりそうは問屋が卸してはくれませんでした・・・。しかし後半場所を犬若沖から河口沖に移動した直後、久し振りに妻の竿が見事にしなり、無事写真左3.1kgの良型が上がりました。前半にも一枚(0.7kg)を釣っていたので、合計2枚でした。来週は何とか敵討ちをしたいと思っています。お世話になった
船宿は犬若港孝進丸jさんでした。


6/7 銚子沖 ヒラメ釣り
6/7UP
今月より解禁になった、銚子沖のヒラメ釣りに行って参りました。先週は悪天候の予報で早々にマダイ釣りを断念した菅生さん(今回もご一緒でした)も今回ばかりは初釣りとあって、かなりの期待を膨らませ(私達も)臨む事になりました。なぜなら今期のノッコミマダイがお互い納得の行く釣果が得られなかったので、その分ヒラメに賭ける思いがより一層高まったのかも知れません。でも菅生さんはマダイを11枚(竿頭)と晴れ晴れしい記録が有るので、結局は私達だけ”何も無し”かもしれませんね・・・。いづれにしても毎年解禁直後はイマイチで、何度も辛い思いをしました。事実船宿からも「ヒラメは梅雨が明けないとな〜」と幾度と無く聞かされています。ところが前日(6/6)トップで7枚、2番手が4枚(型揃い)とホ−ムペ−ジに写真つきでアップされたので、単純な私達は直ぐにその気になってしまい、期待だけは今回も膨らみました。大体「前日が良かったから今日も良い」と言う事に私達は遭遇するが滅多に無く、結局私の持っているヒラメの写真の一枚で終了となってしまいました。運よく船中一番乗りでゲットしたものの、後が続かずお恥ずかしい限りです。外道は大型のマトウダイとホウボウが釣れました。マダイとハナダイ等は親父船長からのお恵みです。大事に使わせて頂きま〜す!次回(来週)も期待だけは膨らませ、臨みたいと思ってます。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


5/31 久里浜沖 マダイ釣り
6/1UP
今回もまた先週同様予報が悪く、ダメモト覚悟で港に向かいました。案の定横横道路は運転に気を付けて走る程、大分風が強く時速100kを超えるとハンドルが取られる程の強風でした。多分船は出れないんじゃないかな〜?と話ながらも、それでも僅かな望みに賭けて港に向かいました・・・。以外にも港の駐車場には車が有り、ちょっと逆にビックリしましたが、やはり釣り好きの連中には差ほど関係無いみたいです。悪天候=鯛が釣れると言うような慣わしみたいな物が有って、釣り辛いがもしかしたら爆釣するかも?と誰もが思っていたのでしょう・・・。人数が多かったので2隻での出船となりました。開始後は早速船中バタバタと鯛が上がり私も一枚(0.8kg)では有りますが、その中に便乗する事が出来ましたが、その後はぱったりでアジとサバが釣れるだけで鯛の顔を見る事ができませんでしたが、3週連続ボウズだった妻も今回は健闘し4枚も釣り、久し振りに晴れやかな表情で写真を撮る事が出来ました。今後は銚子のヒラメ釣りが解禁になったので来週は早速挑戦してきたいと思っています。お世話になった
船宿は久里浜港ムツ六釣り船店さんでした。


5/25 久里浜沖 マダイ釣り
5/26UP
今回も大鯛を求めて久里浜沖のマダイ釣りに行って参りました。実は前日(24日)もダメモトで行ってみましたが、やはり風雨が治まる見込みが無いと言う事で、出船は見送りとなってしまいました。かなり多くの釣り人が来ていましたが、皆残念そうに帰宅する事になってしまいました。多分20人近くは居たと思います。その中に菅生さんも居ました。期待していた利島の遠征釣りも今回の悪天候で中止となり、この日のマダイ釣りに期待していただけに、さぞかし辛かったろうと思います。なので今回はその分まで頑張ろうと思いましたが、期待とは裏腹に喰い渋く、終始苦戦を強いられました。開始後にキロ弱を一枚釣り気合が入りましたが、その後はサッパリで、後半になって大きなアタリが有り、久し振りに手応えを感じながらリ−ルを巻き上げましたが、途中で他の人と仕掛けが絡み、痛恨のバラシとなってしまいました。食いが浅い時は掛かり所が悪く、意外とよくあるパタ−ンでもありますが、凄く残念でした。悔しかった!!!逃した魚はデカイと言う事でしょうか・・・。お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣り船店さんでした。


5/17 久里浜沖 マダイ釣り
5/18UP
今回は念願叶って3週間振りにやっと釣りが出来る事になりましたが、写真でもお分かりかと思いますが小型が2枚と外道でアジ・サバが釣れただけで、船全体でもトップが2枚とかなり厳しい一日となってしまいました。来週こそはと今から闘志を燃やしていま〜す!お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣り船店さんでした。追伸菅生さんキュウリの糠漬け有難うございました。来週の利島の遠征釣り期待しています。頑張ってください。


5/10 海南神社
5/11UP
今回は南西風が強く吹くとの予報だったので、ダメもとで久里浜沖のマダイ釣りに向かいましたが、やはりダメで出船中止となりました。ただ真っ直ぐ帰るのも何なので、以前から話に出ていた三崎の海南神社に行って厄払い&大漁祈願をする事にしました・・・。来週こそは釣りがしたいで〜す!!!


4/26 久里浜沖 マダイ釣り
4/27UP
今回も先週同様久里浜沖のマダイ釣りに行って参りました。先週は一日違いで大差の釣果が出てしまい少し残念な思いをしましたが、気持ち新たに大鯛を求めて臨みました。また先週大漁だった菅生さんともお会いしご挨拶・・・。ノッコミも今がピ−クとあってか先週もかなり多く来ていましたが、それにも増して昨日は多く結局乗合い船4隻、仕立て船が1隻、合計5隻での出船となりました。平日にも関わらず何処から人が来たのかちょっとビックリでした。私達は幾分早めに着いた事もあっていつも乗る28号船、菅生さんとは別船でしたがお互い大鯛ゲットを誓い合い定刻の7時出船となりました・・・。開始後はミヨシ2人がヒットしたのみで、あとは不発に終わり10時を過ぎた頃潮が下げに変わり船中バタバタと釣れ始めました。私も一枚(1.2kg)でしたが参加する事ができました。その後も期待しましたが、なかなかアタリは無くただ時間だけが過ぎて行き、焦りも有りましたがほぼ全員が同じ様な状態だったので我慢!我慢!と自分に言い聞かせ竿先にアタリが来るのを待ち望みました・・・。待った甲斐が有ったのか運が良かったのか、ついに私の竿にマダイらしきアタリが有りました。先ほど釣った1.2kgのマダイとは全然引きが違い、魚の重量感を竿に感じました。もしや大鯛か?!と思い全神経を集中し手でリ−ルを巻き始めました。何度か強烈な引きも有りましたが、無事ゲットする事が出来ました。大鯛とまでは行きませでしたが、2.94kgの綺麗な雌の鯛でした。昨年9/21に釣った2.8kgが今までの最大だったので一応自己記録更新となりました。妻は終始苦戦を強いられ型見ずで終わってしまいました。次回こそはと今から闘志を燃やしています。お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣り船店さんでした。


4/20 久里浜沖 マダイ釣り
4/21UP
今回も先週同様久里浜沖のマダイ釣りに行って参りました。本来ならば前日(火曜日)に行く予定でしたが低気圧の接近に伴う強風と高波、また雷雨も有ると言う事だったので、多分行ったところで船が出ないだろう?と判断し今回はその予報を忠実に守り、また連休と言うこともあって翌日水曜日に行くことに決めました。良かったのか悪かったのか・・・?。ちなみに断念した火曜日はいままでの火曜日とは違い大爆釣でした。何時も乗っている28号船は4人で11枚・10枚・8枚.5枚の船中34枚と羨ましい結果でした。トップ11枚の方は先週お会いした菅生さんでした。流石!名人!おめでとうございま〜す!。別船21号船も2〜14枚とこちらも大爆釣でした。なのでその翌日とあってか、また天気も良かった為か港には数多くの釣り人が来店され、結局平日にもかかわらずマダイ船が4隻で出船する事になりました。私は何時も乗る28号船(左胴の間)で妻は今回21号船(右ミヨシ)に乗り2人別々の船での出船となりました・・・。釣果は開始後直ぐに2枚ゲットしその後2枚追加で合計4枚でした。サイズはキロ前後主体で大型は上がりませんでしたが潮の状況や魚の活性などを考えたら、この4枚でも自分なりには上出来ではないかな〜?と思いました。ちなみに妻は今回は苦戦してしまい、最後の最後に何とか1枚釣りボウズだけは免れました。お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣船店さんでした。


4/12 久里浜沖 マダイ釣り
4/13UP
今回は久里浜沖のマダイ釣りに行って参りました。船宿で乗船の手続きを済ませ、食事(カップ麺)をしているとお馴染みの菅生さんが現れ、久し振りの再会で近況報告。とは言え、お互いのブログをチェックしているので、大体の事は分かっているのですが・・・私達は幾分早く着いた事もあって28号船、菅生さんとは別船となりましたがお互い健闘を誓い出船となりました。予報は北風がかなり強く吹くとなっており、やはり的中し、午前中はこの時期にしては大分肌寒く(真冬並み)また強風で釣り辛く苦戦を強いられました。特に今回は私(右トモ2番目)の左隣(風上)に座った若い女性が初心者とあって、仕掛けの投入・回収がままならず幾度と無く私の仕掛けとオマツリりし、私自身久し振りに戦意喪失状態でした。あまり言い訳を言うのはお恥ずかしいのですがそんなこんなで結局終わってみればハナダイが2枚とサバが1枚で本命は型見ずとなってしまいました。妻は今回も健闘し良型(1.2kg&1.8kg)を2枚ゲットする事ができました。ちなみに菅生さんは3枚でした。次回のマダイ釣りに期待したいと思っています。お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣り船店さんでした。


4/5 岩井沖 アマダイ釣り
4/6UP
震災から25日が経ちましたが、皆様如何お過ごしでしょうか?・・・。依然脳裏から離れられない被害映像や巨大津波が町全体を飲み込んで行く所など多分今後も永遠に忘れる事は無いでしょう。またそれに加え今は原発の問題があって多くの人々が不安で萎縮しています。いずれにしても私達が今出来ることは被災地また被災者に対し義援金を送る事、あとは電力不足の為、節電。また大事!なのは、今までやってきた事を再開し普段通りの生活に戻し皆様が全ての面で元気になる事が被災地の支援に繋がると信じています。特に私共はほぼ毎週のように海に行きその恩恵を感謝しながらお客様に提供する喜びを日々感じていました。なので海にはかなりの割合でお世話になっています。しかしながら海に行けない=美味しいお魚をお出し出来ないという事で、大分歯がゆい思いをしました。仕方無い事です。また震災の影響はありとあらゆる業種に大ダメ-ジを与え、その結果経済も大分冷え込み日本全体に活気が無くなってしまったような気がします。船宿もその一つと言えます。黙っていては何も良くはならないので今まで通り釣りに行き、今後もそのつもりです・・・。今回は終盤では有りますがアマダイ釣りに行ってまいりました。釣果は二人して3枚でしたが、皆さんから色々頂き写真が多くなってしまいました。浜田さん(お父さん)・西山さん・山下丸さんありがとうございました。


3/15 東北地方太平洋沖地震

3月11日午後2時45分ごろ、マグニチュ−ド9.0を記録する巨大地震が東北地方太平洋沖で発生し多数のお亡くなられた方、また被災された方には心よりお悔み、お見舞い申し上げます・・・。特に津波による家屋や車、船などがみるみるうちに流されて行く映像は見るに耐え難いものが有りましたが、改めて自然の恐ろしさを実感しました。避難所でのままならない生活を余儀なくされている方や家族の安否が分からない方など心労はかなりだと思いますが、いち早い復興に向けて頑張ってもらいたいと祈っております。当店はほとんど地震による影響はありませんでしたが、当面計画停電による影響がどのような感じになるか分かりませんので、今のところはご予約をお受けする事が出来ません。営業は通常通りランチ、ディナ−と普段通りに行う予定ですが、計画停電による影響で営業出来ない場合も有りますので、予めご了承下さいませ。釣りの方は今回自粛しました。 店主


3/8 銚子沖 ホウボウ釣り
3/9 UP
今回も先週同様銚子沖のホウボウ釣りに行って参りました。先週は海の状況が悪く思うような結果が出ませんでしたが、昨日は風もウネリもそんなでは無かったので、ある程度の釣果を期待しましたが、やはり今回も苦戦で6枚しか釣れませんでした。妻は11枚と健闘しました。お世話になった船宿は犬若港孝進丸さんでした。


3/1 銚子沖 ホウボウ釣り
3/2 UP
前日からの低気圧の影響で出船自体が危ぶまれました。船宿に連絡入れたところ大丈夫だとの事だったので、先週の予告通り銚子沖のホウボウ釣りに行って参りました・・・。判ってはいましたが、やはり海の状況は大分悪く、風はそんなでもなかったのですが、ウネリ(4m以上の感じ)が残り大分釣り辛い一日となってしまいました。そんな訳で期待していた爆釣はできませんでした。釣果は二人で5枚ずつの10枚でした。サイズは1kg前後主体だったので引き応えは十分楽しめました。また日を改めて臨みたいと思っています。お世話になた船宿は犬若港孝進丸さんでした。


2/22 剣崎沖 アマダイ釣り
2/23 UP
本来なら銚子沖のホウボウ釣りに行く予定でしたが、船宿(孝進丸)に連絡を入れたところ、予報(強風&ウネリ4m)が悪く船が出れないと言われ、今回も先週同様アマダイ釣りに行って参りました。こちらもそんない良い予報ではありませんでしたが、前日も船が出ていたので多分大丈夫だろ〜?と言う事で港に向かいました・・・。先週もそうなんですが、ここ最近のアマダイ釣りはスランプのどん底で、なかなかその原因も判らず?毎回試行錯誤の繰り返しで、気が付けば一日が終わってしまうと言う最悪のパタ−ンの連続でした。何かきっかけがつかめればと思い、また今回も船に乗り込みました・・・。予報通り海上は風が強く、大分波立っていましたが、丸々一日出来ました。釣果は小型主体でガックリでしたが、二人で9枚(妻5枚)釣れました。前回が前回だけに小型ではありますが、私も4枚釣れたので少しコツを掴めたのかもしれません?・・・。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。来週は銚子のホウボウ釣りに行く予定です。爆釣するぞ〜!!!


2/15 剣崎沖 アマダイ釣り
2/16 UP
今回は前日の大雪の影響で釣行自体を諦めていました。しかし夜中3時に目が覚めてしまい、外を走る車のしぶきの音が大分水ぽかったので、雪は解け凍結していないと言う事が分かり、取り合えず躊躇しながらもまた布団に入りました・・・。一度起きてしまうとなかなか寝付けないもので、やはり気になって交通機関(第三京浜・横浜横須賀道路)に通行可能か連絡したところ大丈夫だと言われ、諦めていた釣りも急遽行く事にしました。しかしながら船宿にはまだ時間が早かったので確認の連絡は取れませんでしたが、一応支度をし途中で連絡をすると言う見切り発車状態で自宅を出ました・・・。その後(5時を回った所)環八を高井戸陸橋を過ぎた所で念の為連絡を入れたところ、「強風(風速10m以上)が吹くからダメじゃないか?」と言われ、仕方なく自宅に引き返す事にしました。お恥ずかしい限りです・・・。翌日も休みだったので、道具などは車にそのままで時間も早かったので再度布団を被って寝る事にしました・・・。その直後(6時を回った所)、私の携帯が鳴りなんと西山さんからで、私が船宿に連絡した事が分かり、その後状況が良くなったみたいで「船が出るから来ない?」と言われ、またもや着替え直し、直ぐ様港に向かいました。我ながらお恥ずかしい話で笑ってしまいます・・・。途中環八(用賀の大分手前から)で東名高速の雪の影響がでてしまい、国道246への迂回の車で大渋滞が発生しかなり時間が掛かりましたが、なんとか出船の時間(8時)までには無事に間に合い、お蔭様で念願の釣りが出来る事になりました。(毎週行っているから一度や二度位は行かなくてもいいんじゃないかな〜と普通は思いますが・・・。)肝心の釣果の方は気持ちとは裏腹で、今回もスランプのどん底で型見ずとなってしまいました。妻(美奈子)が2枚と厳しい結果となってしまいました。「やはり三崎の海南神社に厄払いのお参りに行った方が良いのかな〜?西山さん・・・」お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。右端しの写真のスミイカは師匠こと西山さんから頂戴しました。今回もありがとうございます。


2/8 大洗沖 ヒラメ釣り
2/9 UP
今回は一年振り(2010年1月26日以来)となる大洗沖のヒラメ釣りに行って参りました。前回は確か2人してボウズだったので、かなり悔しかったと思います。しかし時が経ち今となってみれば一年前の事なので、その悔しい思いも何処かに行ってしまい、すっかり忘れかけてしまいました。なので今回は前回のリベンジも兼ね、また以前(2007年12月19日)妻が特大(9.7kg)のヒラメを釣った事の有る船宿なので、もしや?と期待しつつ港に向かいました・・・。釣り人は私達を含め6人で、まだ陽が昇らない5時(闇の中)の出船となりました。ポイントまではゆっくりめで走ったので約1時間程かかってしまいました。早朝は風も無かったので思ったよりは寒く有りませんでしたが、辺りが明るくなって来てからは風も少しずつ吹き出し、かなり肌寒い一日となってしまいました。ある程度覚悟はしてましたが、やはり三浦半島や銚子とは大分違う事を再確認しました。釣果の方は、一応前回のリベンジは達成できましたが、期待していた大型は上がりませんでした。二人でヒラメ4枚(2枚ずつ)の外道でアイナメが3枚(妻1枚)と言う結果でした。お世話になった船宿は大洗港山正丸さんでした。


2/1 剣崎沖アマダイ釣り&下浦・久里浜沖スミイカ釣り
2/2 UP
今回妻がアマダイ釣り、私がスミイカ釣りと二人別々の釣り物での釣行となりました。アマダイ釣りは活性が高く良型主体で、最大は43cm(1.200g)の腹太の立派なアマダイを筆頭にト−タルで6枚(竿頭)と大健闘の1日となりました。この時期独特の脂の塊がお腹の中にギッシリ詰まっており、申し分の無いアマダイで我ながら羨ましく思いました。本来なら私もアマダイ釣りでこの所の不甲斐ない釣果を払拭したかったのですが、少し臆病になってしまい、取り合えず気分転換を兼ねてスミイカ釣りに初挑戦して参りました。イカ釣り自体殆どしない私ですが、ここ(江戸前)のスミイカは絶品で特に甘味が非常に有り、イカの中でも最高クラスで一度は自分自身でこの美味しいイカを釣らなければと考えていました。今回がその良いチャンスだったので思い切って望んでみました・・・。状況的にはほぼ一日潮が流れなかったので、活性が悪く釣果はイマイチでしたが、先週もそうなんですが、今回も常連の釣り人改め「師匠」西山さんより本日の釣果分7杯も頂いて、私が4杯でしたので合計11杯と数多く写真では写っています。師匠ありがとうございます!!!最大は写真で写っているスミイカで重量は950g有りました。乗った時はズッシリ重く手応えは十分でした。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


1/25 剣崎沖 アマダイ釣り
1/26UP
前回がサイズ的に物足りなかったので今回はサイズアップを期待して望みましたが、このところのスランプ続きの影響かやはり小型のアマダイが1枚しか釣れませんでした・・・。妻は何とか今回も健闘し良型を3枚とまずまずでした。写真のスミイイカ多数は横須賀市の西山さんより頂きました。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


1/18 銚子沖 ヒラメ釣り
1/19UP
今回は今年初めてとなる銚子沖のヒラメ釣りに行って参りました。年明けからは今まで乗っていた大型1号船が沖メバル釣りに変わり、親父さんの船(2号船)での出船となりました。朝方は寒さが厳しく指先の感覚が無くなるほどかじかんでしまい、寒さに耐えながらの釣りとなりました。陽が出てきてからは少しずつではありますが暖かくなり、幾らかしのげるようになりまりた。風が吹かなかったのが幸いだったのかもしれません。海上もその影響で久しぶりに穏やかで最高の釣り日和となりました。それ故それなりに期待が弾みましたが残念ながら釣果の方はイマイチで、終始苦戦の連続で私は1枚しか釣れませんでした。妻は健闘し3枚(2番手)でした。以前から続いているスランプが今だ継続中のような・・・。終わった直後は情けない気持ちと、釣りへの不安感で、少しの間休養でもしようかな〜?とも考えました・・・。しかし多分一週間経てばまた船に乗って釣りをしている自分が想像出来るような何とも不思議な物に取りつかれている感じでもあります。今回お世話になった船宿は、犬若港孝進丸さんでした。


1/11 剣崎沖 アマダイ釣り
1/12UP
今回も先週に引き続き、アマダイ釣りに行って参りました。船宿に到着すると西山さんも来ておられ、ご挨拶&釣り談議・・・。先週(1/4)は千葉方面を攻めましたが、今回はお馴染みの剣崎沖での釣行となりました。開始後は魚の活性が悪く、外道の食いも渋くただ時間だけが過ぎて行きました。最初の1枚(アマダイ)を釣ったのは開始から2時間位経ってからだと思います。その後に期待がかかりましたが、なかなか活性が持ち上がらず辛抱しながらの釣りとなりました。終わってみれば二人して4枚ずつ合計8枚のアマダイが釣れました。型は小型〜中型主体であまり納得の湯行く内容ではありませんでした。次回の釣行でサイズアップを期待したいと思います。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


1/5 久里浜沖 マダイ釣り
1/5UP
今年最初のマダイ釣りを久里浜沖にて釣行して参りました。二人して1日頑張りましたが、私達には肝心のコマセが効かず、大トモのお二人の方が次から次へとマダイを釣り上げ、船長の「ハイ1枚上がった!」と言うアナウンスが船上に響いていました。ちなみに大トモ右の方は9枚で左の方は7枚と二人の舞台となっていました・・・。それでも後半何とか妻に貴重なアタリが有り、小型(0.3kg)では有りますが本命(マダイ)をゲットする事が出来ました。私は痛恨のオデコでした。「参りました!」次回こそはリベンジで頑張ります。お世話になった船宿は久里浜港ムツ六釣り船店さんでした。


1/4 岩井沖 アマダイ釣り
1/4UP
新年最初の釣行は千葉(岩井)沖のアマダイ釣りです。船宿に着くとお馴染みの西山さんの姿があり、新年のご挨拶&釣り談議・・・。西山さんも今日が初釣りでお互い大型アマダイゲットを誓い合い出船となりました。潮周りは大潮だったので、潮の流れの速い剣崎沖を諦め幾らか潮の緩い千葉(岩井)方面での釣りとなりました。開始後は魚の活性が著しく低く外道も食わない程、かなり厳しい状況でした。何度か場所の移動を繰り返しましたが、あまり変わらず只時間だけが過ぎて行きました。昼前後にようやくアマダイらしきアタリが有り、写真(左から2番目)のアマダイ(38cm)が釣れました。その後も状況は上向かず苦戦を強いられましたが、何とか追加で1枚(35cm)ゲットする事が出来ました。そんななか妻(美奈子)は終わってみれば3枚ゲットとまずまずの内容でお見事でした!サイズも最大で44cmと肉厚の良型アマダイで羨ましい限りでした。今回も西山さんより本命のアマダイやホウボウ、トラギスなどを頂戴しました。ありがとうございま〜す。お世話になった船宿は久比里港山下丸さんでした。


1/1 謹賀新年
新年明けましておめでとうございます。今年も美味しいお魚を釣って来ますので宜しくお願い申し上げます。


167-0021 東京都杉並区井草3-3-2 TEL/FAX 03-3301-2351 定休日毎週火曜日・第一・第三水曜日
Lunch 11:30-14:00(Lo13:30) Dinner 17:30-21:30(Lo20:45)
Copyright (C) 2004 Restaurant Hirai.All rights reserved